亡き友に「ありがとう」 浦和学院3年・明石飛真主将

 対戦相手の校歌が流れ、熱いものがこみあげてきた。「負けたけど、お前のために俺はやったぞ」。心の中で呼びかけたのは、亡くなった中学時代のチームメート。別々の高校に進み、甲子園での再会を誓い合った仲だった。

 亡くなったのは、福田翼君(当時16歳)。

 突然の知らせが信じられなかった。「翼君が死んじゃった」。10年5月16日、帰宅したところ、母幸恵さん(43)に教えられた。福田君は岡山県の高校に通っており、前日の練習中、選手と接触して後頭部を強打した。「うそだろ」。すがる思いで、携帯電話に連絡し続けたが、応答はなかった。

 2人は中学の時、新座市のチームでバッテリーを組んだ。福田君は140キロ近い速球を投げ込んできた。「手が痛く、あまり受けたくなかった」。しかし、威力ある球の配球を考え、リードすることに楽しさを感じた。打順は福田君が4番、明石主将が1番。けんかもよくした。「お前が打っていたら、試合に勝ってた」「おまえこそ」。実力を認め合っていたから、何でも言い合えた。

 明石主将はあこがれていた浦和学院への進学が決まった。福田君は父孝さん(47)の紹介で岡山の高校に進学。「自分の力でチームを強くし、甲子園で関東の強豪を倒したい」との思いもあった。10年3月、練習で顔を合わせたのが最後だった。「じゃあね」。甲子園での再会を誓った。

 2カ月もたたないうちに開かれたお別れの会。お骨を見て、いなくなってしまったんだと実感した。悔しさがわき上がったが、「一番つらいのは翼の家族。あいつの分まで俺がやらねば」と思った。

 大きな大会の前後は、福田君のお墓に参る。「力を貸してくれ」。今夏の埼玉大会で優勝し、孝さんに電話で伝えた。「翼のために頑張ります」

 最後の夏。「3年間の集大成だ。空から見ていてくれ」。翼君の無念を胸に全力でプレーしたが、試合には敗れた。「天国から見守ってくれて、ありがとう」。涙声で感謝の言葉を口にした。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

みんなからの匿名質問を募集中!

こんな質問に答えてるよ
● 彼女いるんですか?…
● 彼女って浦学の赤学年ですよね?…
● のっくぴーや…
● ズバリ好きな人は??…
#質問箱 #匿名質問募集中

peing

匿名で聞けちゃう!Kazuさんの質問箱です

ヤキュウブ⚾️

peing.net

高橋まだこの回投げさせても良かったやろ
まだまだ球威あったし
しかし前の試合に続いて勝ち投手の権利持っての降板やし良かった
高校時代も選抜優勝以降勝ち星無かったけど春日部共栄戦浦学戦も良かったし甲子園はええのかもね

もっと読み込む...

 

アーカイブ