上田知事を表敬訪問 浦学・山根主将「一丸で全国制覇を目指す」

201302191337.jpg
【写真】上田清司知事(中央)を表敬訪問し、甲子園での活躍を誓う(左から)浦和学院の服部副主将、山根主将、花咲徳栄の根建主将、楠本副主将=18日午前、県庁庁議室(埼玉新聞)

 3月22日に開幕する第85回選抜高校野球大会に出場する浦和学院と花咲徳栄の監督、選手たちが18日、上田清司知事を表敬訪問し、甲子園へ向けての決意を述べた。

 訪れたのは浦和学院の小沢友紀雄校長、森士監督、山根佑太主将、服部将光副主将、花咲徳栄の坂巻守男校長、岩井隆監督、根建洸太主将、楠本泰史副主将、県高校野球連盟の大塚英男会長ら、両校と県高野連関係者の合わせて13人。

 埼玉から2校が出場するのは2003年の第75回大会で両校が選ばれて以来、10年ぶり3度目の快挙となる。毎年、応援に駆け付けるため、決勝の日に丸印を付けているという上田知事は「優勝の確率が2倍。埼玉勢で決勝戦ができればすごい話ですね」と激励した。

 県勢では初となる3年連続、9度目出場の浦和学院の山根主将は「一丸で全国制覇を目指す」と宣言。さいたま市緑区出身の服部副主将も「応援してくれる人の期待に応えたい」と力を込めた。3年ぶり3度目出場の花咲徳栄の根建主将は「720万県民に夢、希望、感動を与えたい」と頼もしいコメント。楠本副主将も「あらためて自分たちの野球をやらないといけない気持ちになった」と表情を引き締めた。

 互いに実力を認め合う両校。浦和学院の森監督、花咲徳栄の岩井監督ともに、取材に「先に帰ってこないように頑張りたい」と声をそろえた。

 一行は同日、県議会と前島富雄県教育長も表敬訪問した。

(埼玉新聞)

◇浦和学院「一丸で全国制覇」

 3月22日に開幕する第85回記念選抜高校野球大会に出場する浦和学院と花咲徳栄の選手らが18日、上田清司知事を表敬訪問し、浦和学院の山根佑太主将は「チーム一丸となって全国制覇を目指す」、花咲徳栄の根建洸太主将は「県民720万人に夢、希望、感動を与えられるよう頑張る」とそれぞれ活躍を誓った。

 同大会に2校が出場するのは10年ぶり。上田知事は「優勝の確率は2倍。埼玉勢の決勝となればすばらしい。どちらかに優勝旗を持ち帰ってきてもらいたい」とエールを送った。

(朝日新聞埼玉版)

◇浦和学院と花咲徳栄「目標は日本一」 センバツへ意気込み

 第85回選抜高校野球大会(三月二十二日開幕・甲子園球場)に出場する浦和学院(さいたま市緑区)と花咲徳栄(加須市)の選手らが十八日、県庁を訪れ、上田清司知事に健闘を誓った。

 昨秋の関東大会で浦和学院は優勝、花咲徳栄も準優勝の成績を残し、先月末にセンバツ出場が決まった。この日は両校の校長や監督、主将らが訪問。上田知事は県勢同士の決勝戦を期待し、「全国に名をとどろかせて」と激励した。表敬後、浦和学院の山根佑太主将(二年)は「全国制覇が目標。目の前の試合を一戦必勝で戦う」、花咲徳栄の根建(ねだち)洸太主将(同)は「甲子園が近づいていると実感した。必ず日本一を達成する」と語った。

(東京新聞埼玉版)

◇「全国制覇へ頑張る」 浦和学院と花咲徳栄の主将ら知事訪問

201302191458.jpg
【写真】上田知事(中央)と握手する浦和学院の山根主将(左から2人目)と服部将光副主将(左)、花咲徳栄の根建主将(右から2人目)と楠本泰史副主将(右)=さいたま市浦和区の県庁で(毎日新聞埼玉版)

 3月22日開幕の「第85回記念選抜高校野球大会」(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する浦和学院と花咲徳栄の監督や主将らが18日、県庁に上田清司知事らを訪ね、大会での健闘を誓った。

 上田知事は「少なくとも優勝の確率が2倍になった。鍛えられた力でぜひ全国に名をとどろかせてほしい」と激励。浦和学院の山根佑太主将(2年)は「県民のみなさんの期待に応えられるよう、チーム一丸となって目標の全国制覇に向けて頑張ります」、花咲徳栄の根建(ねだち)洸太主将(2年)は「県民720万人に、夢と希望と感動を与えられるプレーをしてきます」と抱負を語った。

 また一行は前島富雄・県教育長を訪問。前島教育長は「埼玉県720万人の代表、そして関東代表として全国を大いにわかせてほしい。決勝戦を両校で戦い、大優勝旗が埼玉県に戻ってくることを期待しています」とエールを送った。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ