試合速報はこちら

浦和学院、大宮光陵にコールド勝ちで県大会へ 秋季高校野球地区大会

(15・16日・川越初雁ほか)

 2日間で代表決定戦28試合が行われ、西部G組は両チーム合わせて24安打の乱打戦を制した西武文理が川越工を8-5で破り、県大会進出。同J組の所沢商はエース野島が川越打線を4安打完封し、1-0で逃げ切った。

 東部では夏の甲子園に出場した春日部共栄が三郷北を6-1で退け、北部は新人戦優勝の松山が秀明英光に9-6で競り勝った。南部C組の武南は夏4強の大宮東に8-0と快勝した。浦和学院は大宮光陵を7-0、7回コールドで下した。

 17日は東、南部で代表決定戦8試合が行われ、県大会に出場する39校が出そろう。

 試合結果
 南部E組代表決定戦 9月16日(県営大宮球場)
TEAM123456789HE
大宮光陵0000000  025
浦和学院3000112x  780
【浦】江口-氏丸、西野【大】竹川、山根-大川
▽二塁打:高橋(浦)
 浦和学院打撃成績
位置選手名打数安打打点
諏訪300
310
津田310
山崎422
高橋320
幸喜200
荒木300
R水岡000
2西野000
氏丸310
R印南000
7加藤000
江口210
2682
 投手成績
TEAM選手名被安打奪三振四球死球失点
大宮光陵竹川2/320023
山根6 1/360024
浦和学院江口727010
guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
error: Content is protected !!
0
コメントしてみるx