試合速報はこちら

センバツ出場校を探る 一昨年王者・浦和学院は確実

 第87回選抜高校野球大会(3月21日から12日間・甲子園)の出場32校は23日の選考委員会で決まる。昨年の秋季大会の成績を資料とし、一般選考29校(東北地区の神宮大会枠1を含む)と21世紀枠3校を選ぶ。出場有力校を探った。

◇北海道

 枠は1校。昨夏の甲子園大会に出場し、秋季大会を制した東海大四の14年ぶり選出が確実視される。伝統校の北海は決勝で1点差の惜敗だったが、逆転は厳しい。

◇東北

 神宮大会枠を含めて3校を選出する。明治神宮大会優勝の仙台育英(宮城)は文句なし。公立の大曲工(秋田)は決勝で4-10と打ち込まれたが、春夏通じて初の選出に問題はないだろう。3枠目は、4強入りした八戸学院光星(青森)と準決勝で大曲工に1点差で敗れた鶴岡東(山形)が争う。

◇関東

 東京を合わせて6校。秋季大会で頂点に立った一昨年の選抜大会覇者、浦和学院と準優勝の木更津総合(千葉)は当確。4強の高崎健康福祉大高崎(群馬)常総学院(茨城)も濃厚だ。東京と争う5校目は準々決勝で浦和学院に敗れた東海大甲府(山梨)が一歩リードと見る。同じく8強の松戸国際(千葉)や川越東は地域性が懸念材料になる。

◇東京

 秋季大会王者、東海大菅生の優位は揺るがない。決勝で2-3で敗れた二松学舎大付は、関東勢との比較となる。

◇東海

 2校選出で、秋季大会で頂点に立った静岡は16年ぶりの出場が確実。好投手、高橋を擁する県岐阜商は決勝で1点差の惜敗と内容が良く、異論が狭まる余地はなさそうだ。いなべ総合学園(三重)は準決勝で県岐阜商と接戦を演じたが、脅かす存在にならないだろう。

◇北信越

 枠は2。昨夏の甲子園大会4強で秋の覇者、敦賀気比(福井)は文句なし。決勝まですべて1点差で勝ち上がった松商学園(長野)は、準優勝した1991年以来の選抜切符を手にしそうだ。準決勝で敦賀気比にコールドゲーム負けした富山第一は、逆転するだけの要素に乏しい。

◇近畿

 6枠。秋季大会を制した天理(奈良)と準優勝の立命館宇治(京都)、選抜大会連覇に挑む龍谷大平安(京都)と奈良大付の4強組の選出は問題ない。これに準々決勝で天理に1点差で敗れた昨夏の甲子園大会王者、大阪桐蔭が続く。

 最後の枠は近江、北大津の滋賀勢と箕島(和歌山)の争いが予想される。試合内容では奈良大付に惜敗した箕島が上回るが、近江が2-6で敗れた立命館宇治は決勝に進出しており評価は分かれそう。北大津は滋賀大会決勝で近江に敗れた点がマイナス材料か。甲子園球場のある兵庫勢は33年ぶりの選出ゼロの窮地にある。

◇中国

 四国と合わせて5枠。秋季大会覇者の宇部鴻城(山口)の12年ぶりの選出は確実といえる。延長十一回の決勝を戦った岡山理大付も順当に選ばれるだろう。四国勢と争う5枠目は、準決勝で宇部鴻城と0-1の接戦を演じた米子北(鳥取)が優勢だが、鳥取大会3位という点で評価が分かれる可能性もある。宇部商(山口)は準決勝の試合内容と地域性が難点か。

◇四国

 秋季大会を制した英明(香川)の選出は文句なし。準優勝した今治西(愛媛)の選出も順当だろう。中国勢との比較となる5枠目の候補は明徳義塾(高知)になる。今治西には4-5の惜敗で、同じく準決勝で英明に0-7の大敗を喫した高知を上回る。高知大会優勝も有利な材料となる。

◇九州

 4枠あり、秋王者の九州学院(熊本)と準優勝の糸満(沖縄)の出場は間違いない。準決勝で糸満に延長十回で競り負けた神村学園(鹿児島)も印象はいい。

 焦点は最後の4枠目。九産大九州(福岡)は準々決勝で延岡学園(宮崎)に快勝したが、準決勝で九州学院に七回コールドゲームで敗れたのが懸念される。8強組ではともに延長で敗れた明豊(大分)と東福岡が望みをつなぐ。中部商(沖縄)は地域性がネックになる。

◇21世紀枠

 全国9地区の推薦校から3校を選出する。秋季都道府県大会で好成績を収め、困難な環境を克服するなどした学校が対象となる。昨年に続いて全て公立校が推薦された。東(東海、北信越以東)と西(近畿以西)でそれぞれ1校を選び、残り7校から3校目を決める。

 松山東(愛媛)は1892年創部で、野球殿堂入りした俳人の正岡子規が創部に関わったとされる。昨秋の愛媛大会で準優勝し、63年ぶりに四国大会に出場した。桐蔭(和歌山)は1921、22年の選手権大会で史上初の連覇を達成するなど、戦前に春夏合わせて3度優勝した。甲子園には86年夏を最後に遠ざかる。

 金沢商は23年に石川勢として初めて夏の選手権大会に出場した。ここ数年は強豪私学の壁を破れなかったが、昨秋の石川大会で頂点に立った。北見工(北海道)は道東に位置しているため冬は日照時間が短く、部員手作りの照明設備で練習に励んだ。富岡(群馬)は地域の住民と一体感が強く、ボランティア活動にも積極的に取り組む。豊橋工(愛知)は工業高校ならではの創意工夫を施し、限られたスペースで練習内容を工夫する。

 松島(宮城)は慢性的な部員不足に悩まされながらも練習を続け、東北大会出場を果たした。中国大会8強の平田(島根)は地域に密着した学校運営で、なすべきことが当たり前にできる「凡事徹底」を目指す。八幡南(福岡)は地域社会への人材輩出が特色。昨秋は63年の創部以来、初めて九州大会に出場した。

■選抜出場有力候補校

北海道 東海大四   北海
東北 仙台育英(宮城) 大曲工(秋田)
八戸学院光星(青森) 鶴岡東(山形)
関東 浦和学院(埼玉) 木更津総合(千葉)
健大高崎(群馬) 常総学院(茨城)
東海大甲府(山梨) 川越東(埼玉)
松戸国際(千葉) 平塚学園(神奈川)
東京 東海大菅生 二松学舎大付
東海 静岡(静岡) 県岐阜商(岐阜)
いなべ総合(三重) 日大三島(静岡)
北信越 敦賀気比(福井) 松商学園(長野)
富山第一(富山) 中越(新潟)
近畿 天理(奈良) 立命館宇治(京都)
龍谷大平安(京都) 奈良大付(奈良)
大阪桐蔭(大阪) 箕島(和歌山)
近江(滋賀) 北大津(滋賀)
中国 宇部鴻城(山口) 岡山理大付(岡山)
米子北(鳥取) 宇部商(山口)
四国 英明(香川) 今治西(愛媛)
明徳義塾(高知)   高知(高知)
九州 九州学院(熊本) 糸満(沖縄)
神村学園(鹿児島) 九産大九州(福岡)
明豊(大分) 東福岡(福岡)
中部商(沖縄)   延岡学園(宮崎)
21世紀枠   北見工(北海道)   松島(宮城)
  富岡(群馬)   豊橋工(愛知)
  金沢商(石川)   桐蔭(和歌山)
  平田(島根)   松山東(愛媛)
  八幡南(福岡)    

※◎は確実、は有力、△は微妙

◇選抜入場行進曲「アナ雪」に決定 ディズニー映画で初

 第87回選抜高校野球大会(3月21日から12日間・甲子園球場=兵庫県西宮市)の運営委員会が15日、大阪市内で開かれ、開会式の入場行進曲は大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」に決まった。

 日本高野連によると、ディズニー映画の主題歌の採用は初めて。明確な選考基準はないが、原則として前年に広く親しまれた曲からスポーツにふさわしく明るいものを選ぶという。

 映画を配給したウォルト・ディズニー・ジャパンは「『ありのままで大丈夫だよ』とのメッセージが込められた曲。選手たちに練習通りにのびのびとプレーしてもらいたい」というコメントを発表した。

(埼玉新聞)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。