夢の続きは後輩に 浦和学院3年・島津裕真主将

 「なんとか走者をかえす」。1点を追う九回、二死三塁。王者の誇りが生んだ最後のチャンス。打席に入ると雄たけびを上げ、勝負に集中した。

 カウント0-3から、甘く入ったカーブを見送る。次の一球、聖望学園・佐藤勇吾が勝負をかけた内角直球を振り抜くと、打球は無情にも中堅手のグラブに吸い込まれていった。

 県史上初の4連覇という野望がついえた瞬間。「努力が足りず仕留められなかった」。悔いは隠せないが、森士(おさむ)監督は「彼が抑えられたらしようがない。勝負してくれた相手に感謝したい」と頭を垂れた。

 3年連続夏の甲子園出場のプレッシャーはなかった。だが、「球場の雰囲気にのまれた。負けた実感がわかず涙も出ない」。甲子園しか見えていなかった主将に、予想もしなかった長い夏休みが訪れる。

 「次こそ勝てるよう、後輩をバックアップすると約束しました。練習を手伝います」。果たせなかった夢の実現を託すつもりだ。

(産経新聞埼玉版)

◇責任感でチームまとめ

 九回裏2死三塁の場面で打席に立った。失策が絡み4点を失ったが、回を追うごとに本来の攻守を取り戻し、1点ずつ着実に取り返した。あと1点。しかし、打球はセンターのグラブに吸い込まれた。

 主将で4番打者。昨年甲子園に出場した経験があるのは自分一人だ。大会初の4連覇を目指してチームを引っ張らなくてはならない。森士監督やコーチからアドバイスを受ければ、忘れないよう大学ノートに書き留めてきた。3年間で5冊になる。観戦に来た母みどりさん(43)は「野球での経済的な負担を気にして、私に甲子園で恩を返すからねと言ってくれた」と話す。

 守備の乱れから浮足立ったナインをイニングごとに集めた。「気持ちを切り替えよう」。試合後、森監督は「選手らの信頼もあり、よくチームをまとめてくれた。最後の打席、こいつでだめなら仕方ない」と振り返った。

 「体が泳ぎました。僕の努力不足です」。丁寧な言葉で報道陣の質問に答えた気丈な主将。仲間の輪に戻り肩を抱かれたとたん、涙があふれた。

(毎日新聞埼玉版)

◇4連覇の夢半ばで散る

 報道陣に気丈に応対していた表情が、一気にゆがんだ。

 「ごめん。ごめんな」

 球場を出て、応援に回っていた仲間たちに次々に抱きつかれると、浦和学院主将の島津裕真(3年)の目から、大粒の涙があふれ出た。

 4年連続の甲子園出場を狙っていた。春の関東大会を制し、盤石にも見えた。

 それが、この日の序盤は王者らしさが影を潜めた。

 1回は被安打0、3回は被安打1で2点ずつを与えた。四死球と失策が手痛い失点につながり、重苦しい展開になった。

 今大会初めてのシード校との対戦で、しかも相手は昨春の選抜大会準優勝の聖望学園。「緊張し、集中出来なかったかも」(島津)。

 島津は今の3年生で唯一、昨夏のレギュラー。その経験をチームに伝えようと、主将には自ら立候補した。

 すぐには結果が出なかった。昨秋の県大会は初戦でまさかの敗退。チームは先輩たちのように、練習中に仲間同士で指摘し合うことができないままだった。

 チームで話し合い、テーマをつくった。「正義感・思いやり・負けず嫌い」。仲間でもミスを許さず、かつ相手を気遣い、競い合う。そんな願いを込めた。

 それ以来、「仲間とグラウンドで戦えるようになった」と実感できるチームに変わった。だが、最大の目標だった夏の頂点への挑戦は、道半ばで途絶えた。

 後半は追い上げ、底力を見せた。4番打者として、5回の適時打など2安打を放ったが、9回は最後の打者になってしまった。「打てなかったのは努力が足りなかったということ。今後の人生に生かす」。王者らしく、堂々と前を向いた。

(朝日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

朝まで生テレビ出演者武見敬三(自民党・参議院議員) 長妻昭(立憲民主党・衆議院議員) 田村智子(日本共産党・参議院議員) 荻原博子(経済ジャーナリスト) 小松隆次郎(テレビ朝日報道局厚生労働省担当) 田坂広志(多摩大学大学院名誉教授) 二木芳人(医師、昭和大学医学部客員教授) 三浦瑠麗(国際政治学者)

国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子』が、NHK BS8Kで、先行放送されるそうです。7/11(土)PM3:00
第二次世界大戦末期の京都大学の物理学研究室に海軍から下された密命。科学者として兵器開発をすすめるべきなのか苦悩する研究者たち。
柳楽優弥,有村架純,三浦春馬さんご出演

「太陽の子」BS8K先行放送のお知らせ

国際共同制作 特集ドラマ 【BS8K先行放送のお知らせ】 2020年...

www.nhk.or.jp

中学の自分にめいれいするなら、高校は所高か浦学に行くように命令したい
大学は昭和女子の会フのままで笑

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ