がんばれ浦学:’11センバツ 恩師の思い継ぐ森監督

20110215dd0phj000012000

浦和学院校舎前に建てられた「栄光の碑」

  浦和学院の校門のそばには白鷺が羽を広げた石碑がある。「栄光の碑」と呼ばれ、1986年夏に甲子園でベスト4になったことなどを記念して作られた。裏に は、野球部3代目監督の故野本喜一郎氏の顔が刻まれている。野本氏は、上尾高校監督などを経て84年4月に浦学の監督に就任。86年に甲子園初出場に導く が、8月8日の開会式当日に64歳で病気で亡くなった。

 野本氏の上尾高時代の教え子が現在の森士監督(46)。野本氏が亡くなる直前に「命に代えても甲子園に行きたい」と話した姿を今でも思い出すという。今年は森監督の就任20周年。座右の銘に野本氏の掲げていた「大胆細心」をあげ、恩師の思いを受け継いでいる。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

2001U18

村上尚史常総
畠山太横浜
松崎伸吾光星
秦裕二智弁
佐々木康太習志
真田裕貴姫路工
大竹寛浦学

石丸大志松山
山城尚悟宜野
上田祐介常総

松浦大輔明徳
都築克幸日大三
小林一也常総
弓達央和松山商
森岡良介明徳

内田和也日大三
原島正光日大三
井手正太郎日南

もっと読み込む...

 

アーカイブ