浦和学院、ベスト8進出 浦和実に7-0 秋季県高校野球


【写真】左から完投した涌本投手、引退した3年生も後輩を応援、試合結果(浦学公式HP)

 (27日・上尾市民ほか)

 第6日は3回戦全8試合が行われ、上尾が熊谷商との伝統校対決を7-2で制し、17年ぶりのベスト8進出を決めた。

 朝霞は右腕菊島が2試合連続となる完封で北本に9-0と快勝した。埼玉栄の右腕芝崎は大宮東を5安打完封。川越東は六回に一挙8得点し、小松原を10-0で退けた。シード勢は、春日部共栄が成徳大深谷に3-2で辛勝したほかは、浦和学院、花咲徳栄、聖望学園はいずれも快勝した。

 国体による中断期間を挟み、第6日は10月4日、県営大宮と市営大宮で準々決勝4試合が行われる。

(埼玉新聞)

※準々決勝より、「浦学ファイヤーレッズ」が全力で応援します。

■3回戦(9月27日)

浦和実
0000000 =0
0001501x=7
浦和学院
(7回コールド)

【実】相馬、宮澤、松原、植木-伊藤
【学】涌本-高田

▽三塁打 皆川(実)竹村(学)
▽二塁打 涌本、山根、高田(学)

【浦和学院】
⑧服 部2-2-1
④ 贄 1-0-0
⑥竹 村2-1-0
③山 根3-1-4
②高 田4-1-1
⑤木 暮3-1-0
⑦斎 藤3-1-0
①涌 本2-1-1
⑨渡 邊3-1-0

(打数-安打-打点)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ