センバツ二重奏(3)チーム一番の努力家 贄隼斗二塁手

201303071200.jpg
【写真】「甲子園で早く試合がしたい。楽しみ」と目を輝かせる贄隼斗(埼玉新聞)

 贄(にえ)。「親戚にしか会ったことがない」というぐらい珍しい名字。だがプレーは至って堅実で、甲子園への意気込みも「全てで粘り強さを見せたい」と控えめだ。

 昨秋は公式戦全13試合に二塁手としてスタメン出場。打順は2、9番を担い、個と個を連結させ“線”にする重要な仕事を全うした。犠打はチーム一の九つ、喫した三振も50打席でわずか1。決して目立たないが、こういう選手がいるからこそチームは成り立つ。

 そんな“いぶし銀”も昨夏までは、甲子園が近いようで遠かった。

 昨年の選抜大会は前年の関東大会まで16番を背負いながらも、あと1枠のところで漏れた。夏も念願かなわず、いずれもサポートメンバーとして黙々と裏方に徹し、チームの躍進を支えた。

 静岡出身で寮生活を送る。早朝は課題とする球際の強さを求めて4時40分から捕り込み。全体練習後は少しでも練習時間を確保するため、早く食事を済ませ自主練に汗を流す。「いつも大きな大会ではメンバーに入れなくて。でも同じ学年のメンバーが活躍していて、負けてられない」。2度の悔しさが今の自分を奮い立たせる原動力だ。

 ここに興味深いデータがある。地区、県大会では2割3分8厘だった贄の打率が、関東大会は3割8厘、神宮大会では驚異の6割6分7厘。森監督も「チームで一番の努力家」と評する実直な男は、大舞台になればなるほど本領を発揮しそうな未知の魅力を秘めている。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

コロナで卒業式危ないからもう1年浦学にいようよ🥺
そしたらまた吹部に入部する🥺🥺

ペダステ トレブロ交換
【譲渡】画像一覧
鳴子・古賀・山口・銅橋・真波3・今泉・青八木・小野田・御堂筋2・小鞠・パズル・箱学集合

【求】銅橋・泉田・葦木場・東堂(芝生)
真波・今泉・浦久保(サイジャ)
鏑木(サイジャ・芝生)・京伏集合

箱学集合は京伏集合もしくは東堂・今泉との交換のみ。

ペダステ交換・譲渡
【譲】ランダムブロマイド
泉田縦、銅橋縦2、葦木場横2、東堂縦、東堂横、古賀横、浦久保横2、
山口縦、水田縦

【求】箱学学校集合もしくは定価

28日大阪公演マチネ前、マチソワ間でのお取引希望。
観劇予定のない方は郵送での取引も可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

高校野球 本日の予想: ◯浦和学院-聖光学院/宇部鴻城-佐世保実◯/◯龍谷大平安-東海大甲府| 今日はなんといっても第一試合。浦学、ここを越えれば今年は行けそうな気がする。頑張れ!縦縞のユニフォームにはまだ何か違和感があるが…/第三試合も注目。甲府に勝って欲しいけど。

もっと読み込む...

 

アーカイブ