猛打の源「支え合い」の心 チーム背負う自覚促す

MTW1304061100003-1-0.jpg
【写真】優勝し、グラウンドに整列して校歌を歌う選手たち(朝日新聞埼玉版)

 第85回記念選抜高校野球大会で初の全国制覇を成し遂げた浦和学院。森士(おさむ)監督は大会前、「小島(和哉投手)頼み」と話していた。ところが頂点まで5試合で計47得点を挙げ、強豪相手に爆発的な打力で圧倒。選手一人ひとりが「支え合い」の精神を大切にし、ここ一番で集中力を発揮した。

 昨夏の甲子園で16強入り。その分、新チームの始動は遅れた。秋の県大会の準々決勝、上尾戦では9回まで4点のリードを許して絶体絶命に追い込まれ、決勝では花咲徳栄に大敗。関東大会で3連覇を達成したが、チームは強い危機感を抱いて冬場の練習に励んだ。

 森監督が選手たちに訴えたのは「自己責任と仲間意識」だ。当初は高田涼太選手(3年)が主将を務めたが、秋の大会後、山根佑太選手(同)に交代した。その訳は「1人で引っ張るのではなく、複数にリーダーの自覚を持たせたかった」。今大会前には、登録選手の一部を部員の投票で選ばせ、選手にチームを背負う自覚を促した。

 主将を交代すると、高田選手は周囲により気を配るようになった。チーム一丸となって攻める打撃に徹し、バントもこなした。「本塁打を意識したことはない」と振り返った。

 しかし、山形中央(山形)戦では点差を詰められた後、2年生エース小島投手に「俺が取り返す」と宣言。約束の本塁打を放った。終わってみれば大会史上最多に並ぶ1大会3本塁打。「小島を支えたい、という思いだけはあった」

 決勝の済美(愛媛)戦でも浦和学院らしさを象徴する場面があった。同点に追いついた5回、スクイズのサインミスで三塁走者が刺された。好機はついえたように見えたが、2死後、竹村春樹選手(3年)が内野ゴロで全力疾走。失策を誘い、試合を決定づける5連続長短打を呼び込んだ。

 「凡打だけど、諦めた瞬間アウトになる。何としてもつなごうとした」と竹村選手が言えば、決勝打の山根主将は「ここで打たないわけにはいかなかった」。選手全員が、勝負どころで見事な集中力を発揮した。森監督も「嫌な流れのときに、仲間を助ける意識が強かった」と目を細めた。

 「先輩たちが打ってくれたからここまで来られた」と小島投手。仲間に支えられている安心感が、42回3失点の快投につながった。

 猛打の一方、走塁やサインのミスも目立った。森監督は「手がかかり、見ていて飽きない。この大会で成長し始めてくれた」といたずらっぽく笑った。

 夏の甲子園に向け、全国のチームが打倒浦学を目標にする。県内でも選抜大会に出場した花咲徳栄、昨夏の埼玉大会準優勝の聖望学園など強敵がそろう。マークは一層厳しくなるが、山根主将は「夏も日本一」ときっぱり誓った。

(朝日新聞埼玉版)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

歌:三浦大知
作詞:天皇陛下
作曲:皇后陛下
編曲:田中秀和
Guitar:堀崎翔
Bass:千ヶ崎学
Drums:山内"masshoi"優
Tambourine:永野愛理

野球がないこの冬は暇で仕方ない…

早く春にならないかなー
浦学野球はもちろん、六大学も東都も本当に楽しみで今からワクワクしてる!
河北君と佐野君の投げ合いとか上野君と対決とかあったらもう涙涙で直視できないかも(笑)
浦学の子達みんな頑張ってほしいなー
野球続ける子もそうでない子も全員☺️

もっと読み込む...

 

アーカイブ