浦和学院、共栄と激突 きょう準々決勝 春季高校野球県大会

 春季県高校野球大会は第5日の2日、県営大宮と上尾市民で準々決勝4試合を行い、ベスト4が決定する。

 一番の注目カードは春日部共栄-浦和学院だ。

 長年のライバルが久々の対戦。直近は2010年秋の決勝で当たり、春は03年の準決勝以来。いずれも浦和学院が完封勝ち(10年=3-0、03年=1-0)している。

 選抜大会で優勝し、総合力で上回る浦和学院に対し、春日部共栄は投手力を前面に出して戦いたい。金子、小谷、倉井が四隅をうまく突き、強力打線を2、3点に抑えられるか。継投のタイミングも鍵になる。浦和学院は破壊力抜群の山根、高田、木暮の3~5番を軸に序盤から優位に立ちたい。

 昨秋優勝の花咲徳栄に挑む市川口は、ある程度の失点は覚悟の上で打撃戦に持ち込みたい。3回戦で2ランを放った4番黒沢はマークが厳しくなることが予想され、後を打つ斉藤、加藤がポイントか。宮原、高橋、日野の1~3番の奮起にも期待。花咲徳栄は投手陣が不安定で、強力打線がカバーできるかだろう。

 3回戦でBシード聖望学園を破った古豪・川越工は優勝した1985年以来、28年ぶりの4強を目指し、昨年準優勝の埼玉栄と対戦。エース右腕小林は威力のある高めの直球を巧みに使い神山、溝呂木、横銭ら好調埼玉栄打線に立ち向かえるか。打線は4安打で6点を奪った聖望学園戦のような勝負強さが求められる。

 Bシード川越東に挑戦するのは、地区大会ノーシードから7年ぶりの8強に進んだ鷲宮。エース右腕大塚は持ち味の粘りで川越東打線に対抗したい。特に左の強打者・高梨、小寺の3、4番を封じられるかで勝機が見えてくる。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

億泰はあれだな、えーとあれよ、あのーー浦飯幽助の友達のほら、青い学ラン着てるあれ、えーーーーあの子に似てるよね立ち位置とか色々含めて、あーーーーーえーーーーーーーーーー

浦学の頼れる主砲
山根〜佑太!
燃え上がれ 打て佑太!
お前のバットで決めてやれ
打て〜 打て〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)
押せ〜 押せ〜!
山根!(佑太!) 山根!(佑太!)

\\そうだったのか!中学入試// 【2020年(令和2年)の中学入試情報】
関東学院六浦・自修館・東海大相模・横浜創英・市立稲毛・千葉明徳・大妻嵐山・開智未来・市立浦和・埼玉平成・聖望学園・東京農大三・取手聖徳・茗溪学園・盛岡白百合・麗澤瑞浪などの変更点を追加!
https://t.co/nf8qAsECzg

もっと読み込む...

 

アーカイブ