浦学・木暮騎士サヨナラ打4強 2013春季県大会

TKY201305020375.jpg TKY201305020376.jpg
【写真左】12回裏浦和学院無死三塁、木暮がサヨナラの中前安打を放つ
【写真右】12回裏浦和学院無死三塁、木暮の中前安打で三塁走者高田がサヨナラの本塁を踏む(朝日新聞埼玉版)

 センバツ優勝校の浦和学院が延長12回の末、準決勝に駒を進めた。1-1の同点で迎えた12回裏無死三塁、5番木暮騎士(きぐれ・ないと)内野手(3年)の中安打でサヨナラ勝ちを収めた。

 森士(もり・おさむ)監督(48)は「今日の勝利が夏へのステップになる」と満足そうだった。

(日刊スポーツ)

◇浦和学院など4強へ

 春季県高校野球大会(県高野連など主催、朝日新聞社後援)は2日、県営大宮と上尾市民の両球場で準々決勝4試合があり、花咲徳栄、浦和学院、埼玉栄、鷲宮が4強へ勝ち進んだ。

 花咲徳栄は14安打で7得点を奪う快勝。浦和学院は1-1の延長12回、無死三塁から木暮の中前安打でサヨナラ勝ちを収めた。埼玉栄は小島、芝崎の継投、鷲宮は序盤の大量点で逃げ切った。準決勝は花咲徳栄-埼玉栄、鷲宮-浦和学院の組み合わせで、4日に県営大宮球場で行われる。

(朝日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ