浦和学院、快勝に収穫と課題 第95回全国高校野球埼玉大会

 (23日・県営大宮ほか)

 第10日は3球場で5回戦8試合を行い、選抜大会に出場したAシード花咲徳栄が、所沢商に5-6で敗れる波乱があった。

 花咲徳栄は3投手が所沢商打線に13安打で6点を奪われると、攻撃では13安打を放ったが1点届かず。所沢商は準優勝した2004年以来、9年ぶりのベスト8進出。

 埼玉平成は右腕佐々木が上尾打線に11安打を浴びながらも1失点完投。チームも3-1で勝ち、初の8強入り。市川口は2-2の延長十一回、2死二塁から福田の中前打で勝ち越し、4投手の継投で坂戸西との接戦を3-2で制した。市川越はふじみ野に4-2。Cシード川越東は川口に、本庄第一はDシード武南にそれぞれコールド勝ちした。

 昨年優勝のAシード浦和学院、同準優勝のDシード聖望学園はそろって快勝した。

 第11日は25日、県営大宮と市営大宮で準々決勝4試合を実施し、4強が出そろう。

◇快勝に収穫と課題 浦和学院

 収穫と課題が同居した快勝だ。

 前半は理想的だった。

 一回、服部、山根の連打から1死一、二塁。続く高田の打席で「隙を感じた」(森監督)と重盗を仕掛けると、相手捕手の悪送球を誘い先制。高田の犠飛でこの回2点。三回には2死から木暮がバント安打で出塁し、斎藤が右中間の金網に当たる適時二塁打で3点目。五回にも再び斎藤が右中間フェンス直撃の二塁打で4点目を奪った。

 「バットが遠回りしていたので、コンパクトに振ることを意識した」という斎藤を筆頭に、チーム全員がバットを指1~3本分短く持ち、乗せると厄介な好左腕小副川のリズムにさせなかった。

 だがグラウンド整備明けからは別の顔。六回にエース小島が1点を失うと、六~八回は打線も三者凡退と前半のしたたかさはどこへやら。主将の山根は「1イニングずつがサドンデス勝負。しっかり戦わないと」。より厳しい戦いが予想される準々決勝へ、反省点を良薬としたいところだ。

◇成長示した確かな1点 蕨

 34年ぶりに進んだ5回戦で快進撃が止まった。浦和学院に3点及ばず。「もっとやれたと思う」と黒須監督は無念さをにじませた。

 一回、大黒柱小副川が先頭の竹村に対し10球を要した。左飛に打ち取ったが「簡単には打ってくれない」。慎重に行ったところを服部に中前へ運ばれ2失点の起点に。3アウトまで40球を投じた。六~八回を三者凡退と後半立ち直っただけに、立ち上がりが悔やまれる。

 局面を打開したい六回、右前打の安藤が二盗に成功。2死となり「何かやってくれる」と打席の上口を信頼し、ノーサインでスタートした。直球をたたいた上口の打球は左腕・小島の足元を襲い中前へ抜け、生還した。

 安打数だけ見れば浦和学院より一つ少ない6本。互角に渡り合ったように思えるが、「ヒット1本で1点取るのがうちの野球」と主将の酒井。理想を貫くまでは至らずも、蕨らしい足を絡めた形で選抜覇者から刻んだ1点は胸を張るべきだろう。

■5回戦(7月23日)


000001000=1
20101000x=4
浦和学院

【浦】小島-西川
【蕨】小副川-酒井

▽二塁打 斎藤2(浦)石山(蕨)

▽投手成績
小 島(浦)9回、被安打6、与四死球2、9奪三振、1失点、自責点1
小副川(蕨)8回、被安打7、与四死球1、3奪三振、4失点、自責点2

【浦和学院】
⑥竹 村4-0-0
⑦服 部4-1-0
⑧山 根4-2-0
⑤高 田2-0-1
③木 暮4-1-0
⑨斎 藤4-3-2
②西 川3-0-0
①小 島3-0-0
④津 田2-0-0

【蕨】
⑤ 森 4-0-0
④上 口3-1-1
③石 山4-2-0
⑦市ノ川3-0-0
⑨高 橋4-1-0
⑥高 野4-1-0
②酒 井3-0-0
①小副川3-0-0
⑧安 藤2-1-0
8門 倉1-0-0

(打数-安打-打点)

安 打:浦7、蕨6
失 策:浦0、蕨3
三 振:浦3、蕨9
四死球:浦1、蕨2
犠 打:浦3、蕨0
盗 塁:浦2、蕨1
併 殺:浦2、蕨0
残 塁:浦6、蕨5

 浦和学院は一回、敵失と高田の中犠飛で2点を先制。三、五回に加点し、6番斎藤は3安打2打点。蕨は六回に1点を返したが、2併殺と好機を生かせず。

(埼玉新聞)

◇浦和学院 公式戦18連勝 6番斎藤“サプライズ”3安打2打点

 蕨を4-1で下して8強入り。優勝した今春センバツから公式戦18連勝を飾った。

 6番に座った斎藤は3、5回に右越え適時二塁打を放つなど3安打2打点。「うれしかった。間の取り方が技術的な課題。もっと良くしていきたい」と話した。チームは7安打に終わっただけに森士(おさむ)監督は「(斎藤の3安打は)びっくりした。サプライズだった」と驚いていた。

(スポニチ)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ღ花咲徳栄 初戦は秀明英光
秋季県高校野球21日開幕
【第1シード】花咲徳栄 27票
【第2シード】昌平 21票
【Bシード】春日部共栄 21票
【Bシード】浦和学院 16票
※昌平と春日部共栄が同票のため、再投票で昌平が第2シード
※共栄、浦学は抽選により、浦学が徳栄ゾーンに決定
詳しくは今朝の埼玉新聞で

(9/18 5時) Amazon 宇宙学・天文学 新着ランキング10位 浦智史『世界でいちばん素敵な月の教室 (世界でいちばん素...』

https://t.co/YU6RWxFzP2

RT 埼玉大会

浦学と徳栄は双方勝ち上がっても準決勝で対戦、どちらかが関東大会(センバツ)への望みが絶たれる組み合わせ

浦学が共栄と反対側のブロックで助かったと、お先に得意の"頑張るぞぃ"を先制攻撃したら既読つかず♨️
#寝たな

もっと読み込む...

 

アーカイブ