連覇狙う浦和学院、頼れる4番の支え – Sportsプラス

 8月5日のNHK「Sportsプラス」で浦和学院・高田選手が取り上げられました。

20130806223635.jpg20130806223636.jpg
20130806223637.jpg20130806223638.jpg
20130806223639.jpg20130806223640.jpg

 浦和学院、選抜の埼玉県勢としては45年ぶりの栄冠でした。その原動力の一つが、頼れる4番高田涼太選手の活躍です。3試合連続のホームラン。ここぞというところでのバッティングがチームを優勝に導きました。

 高田選手「あのときは体も反応してくれたし、しっかり思い切ったプレーができたかなと思います」

 頼れる4番を支えたもの、それは―。

 “被災地との交流”

20130806223641.jpg20130806223642.jpg
20130806223643.jpg20130806223644.jpg

 今でこそチームを引っ張る頼れる4番。しかし、1年生のときにはチャンスに考えすぎてしまい、体が硬直。期待に応えられませんでした。そんな高田選手が変わるきっかけになったのが、東日本大震災で被害を受けた被災地との交流でした。

 震災の後、浦和学院は学校として石巻市と交流してきました。野球部も頻繁に石巻を訪れています。そこで、高田選手は自分たちの活躍が子どもたちに勇気を与え、野球を続けたいと思う原動力になっていることを知りました。その思いに応えようと打席に入るうちに、体の硬直もなくなってきたと言います。

 高田選手「小学生の子と交流をしたんですけど、本当に思い切って野球を楽しんでいたというか、笑顔で喜びを感じてやっている姿を見て、頑張って甲子園に行きたいと思ってもらえるくらい自分らもやって、(野球を続けたいと)思わせてあげたいという思いは強くなりました」

20130806223645.jpg20130806223646.jpg
20130806223647.jpg20130806223648.jpg

 センバツではそんな子どもたちのスタンドからの応援が、チームの優勝を支えてくれたと高田選手は振り返ります。

 高田選手「とにかく1点でももぎ取れるようにフルスイングしたいと思います。チームはもちろん優勝を狙っていき、その中でしっかり一戦一勝、目の前の試合に全力で取り組んでいきたいと思います。」



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

朝まで生テレビ出演者武見敬三(自民党・参議院議員) 長妻昭(立憲民主党・衆議院議員) 田村智子(日本共産党・参議院議員) 荻原博子(経済ジャーナリスト) 小松隆次郎(テレビ朝日報道局厚生労働省担当) 田坂広志(多摩大学大学院名誉教授) 二木芳人(医師、昭和大学医学部客員教授) 三浦瑠麗(国際政治学者)

国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子』が、NHK BS8Kで、先行放送されるそうです。7/11(土)PM3:00
第二次世界大戦末期の京都大学の物理学研究室に海軍から下された密命。科学者として兵器開発をすすめるべきなのか苦悩する研究者たち。
柳楽優弥,有村架純,三浦春馬さんご出演

「太陽の子」BS8K先行放送のお知らせ

国際共同制作 特集ドラマ 【BS8K先行放送のお知らせ】 2020年...

www.nhk.or.jp

中学の自分にめいれいするなら、高校は所高か浦学に行くように命令したい
大学は昭和女子の会フのままで笑

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ