連覇狙う浦和学院、頼れる4番の支え – Sportsプラス

 8月5日のNHK「Sportsプラス」で浦和学院・高田選手が取り上げられました。

20130806223635.jpg20130806223636.jpg
20130806223637.jpg20130806223638.jpg
20130806223639.jpg20130806223640.jpg

 浦和学院、選抜の埼玉県勢としては45年ぶりの栄冠でした。その原動力の一つが、頼れる4番高田涼太選手の活躍です。3試合連続のホームラン。ここぞというところでのバッティングがチームを優勝に導きました。

 高田選手「あのときは体も反応してくれたし、しっかり思い切ったプレーができたかなと思います」

 頼れる4番を支えたもの、それは―。

 “被災地との交流”

20130806223641.jpg20130806223642.jpg
20130806223643.jpg20130806223644.jpg

 今でこそチームを引っ張る頼れる4番。しかし、1年生のときにはチャンスに考えすぎてしまい、体が硬直。期待に応えられませんでした。そんな高田選手が変わるきっかけになったのが、東日本大震災で被害を受けた被災地との交流でした。

 震災の後、浦和学院は学校として石巻市と交流してきました。野球部も頻繁に石巻を訪れています。そこで、高田選手は自分たちの活躍が子どもたちに勇気を与え、野球を続けたいと思う原動力になっていることを知りました。その思いに応えようと打席に入るうちに、体の硬直もなくなってきたと言います。

 高田選手「小学生の子と交流をしたんですけど、本当に思い切って野球を楽しんでいたというか、笑顔で喜びを感じてやっている姿を見て、頑張って甲子園に行きたいと思ってもらえるくらい自分らもやって、(野球を続けたいと)思わせてあげたいという思いは強くなりました」

20130806223645.jpg20130806223646.jpg
20130806223647.jpg20130806223648.jpg

 センバツではそんな子どもたちのスタンドからの応援が、チームの優勝を支えてくれたと高田選手は振り返ります。

 高田選手「とにかく1点でももぎ取れるようにフルスイングしたいと思います。チームはもちろん優勝を狙っていき、その中でしっかり一戦一勝、目の前の試合に全力で取り組んでいきたいと思います。」



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ღ花咲徳栄 初戦は秀明英光
秋季県高校野球21日開幕
【第1シード】花咲徳栄 27票
【第2シード】昌平 21票
【Bシード】春日部共栄 21票
【Bシード】浦和学院 16票
※昌平と春日部共栄が同票のため、再投票で昌平が第2シード
※共栄、浦学は抽選により、浦学が徳栄ゾーンに決定
詳しくは今朝の埼玉新聞で

(9/18 5時) Amazon 宇宙学・天文学 新着ランキング10位 浦智史『世界でいちばん素敵な月の教室 (世界でいちばん素...』

https://t.co/YU6RWxFzP2

RT 埼玉大会

浦学と徳栄は双方勝ち上がっても準決勝で対戦、どちらかが関東大会(センバツ)への望みが絶たれる組み合わせ

浦学が共栄と反対側のブロックで助かったと、お先に得意の"頑張るぞぃ"を先制攻撃したら既読つかず♨️
#寝たな

もっと読み込む...

 

アーカイブ