春季高校野球埼玉県大会 決勝は浦和学院vs聖望学園

 春季高校野球埼玉県大会は3日、県営大宮公園球場で準決勝が行われ、聖望学園が大宮東に2-1、浦和学院が市川越に1-0でそれぞれ勝利した。決勝進出の両校は17日から神奈川県で行われる春季関東大会出場を決めた。決勝は4日午前10時から同球場で行われる。

◇エース小島が完封

 息詰まる投手戦を昨春の覇者・浦和学院が制した。一回、連続四球と犠打で1死二、三塁とすると4番・田畑が右犠飛を放ち1点を先制する。投げてはエースの左腕・小島が尻上がりに調子を上げて相手打線を翻弄。「勝ってみんなを関東に連れて行く」という力強い宣言通り、九回は三者三振で締めくくるなど、5安打完封勝利を飾った。

 市川越は二回途中からエース・上條が登板。新井清司監督が「今シーズンで一番よかった」とたたえる好投で浦学打線を無失点に押さえ込んだ。「上條のためにも1点取りたい」とチーム一丸で浦学・小島を攻め立て、四回と七回には得点圏まで走者を進めたが、あと一本が出なかった。

(産経新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

あしたみんな文化祭きてね!
学浦集合だよ!!!

もっと読み込む...

 

アーカイブ