U-18日本代表、中国にコールド勝ち 1組首位で準決勝進出

 野球の高校日本代表が参加するU18(18歳以下)の第10回アジア選手権大会第3日は3日、タイ・バンコク郊外のクイーン・シリキット球場であり、予選1組で2連勝中の日本は中国と対戦し、11-0で7回コールド勝ちした。日本は3連勝で予選1組首位となり、5日の準決勝に進むことが決まった。

 先攻は日本。3回1死二塁から浅間の適時二塁打で先取点を挙げると、岡本、香月、栗原の3連続適時二塁打などでこの回一挙6点を取った。4回にも1点を奪い、6回は四死球などで好機を作り、脇本の右越え2点三塁打などで4点を挙げた。先発の飯塚は5回、2番手で6回から登板した岸は2回をそれぞれパーフェクトに封じた。

(朝日新聞)

 試合結果
 1次リーグ1組・第3戦 9月3日
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
日本 0 0 6 1 0 4 0     11 10 0
中国 0 0 0 0 0 0 0     0 0 2
【日】飯塚、岸-栗原、岡田【中】Z R Sheng、H Feng-H J Hong、W C Xi
▽三塁打:脇本(日)
▽二塁打:岡本2、香月、栗原、浅間(日)
 日本メンバー
打順 守備 選手名 学校名 打数 安打 打点
1 (右) 脇本 健大高崎 4 1 3
2 (二) 峯本 大阪桐蔭 2 0 1
3 (一) 岸田 報徳学園 3 0 0
  安里 沖縄尚学 0 0 0
4 (DH) 岡本 智弁学園 4 2 2
5 (三) 香月 大阪桐蔭 4 1 1
6 (捕) 栗原 春江工 3 1 1
  岡田 敦賀気比 1 0 0
7 (遊) 安田 明徳義塾 1 0 0
  打遊 吉田 履正社 1 0 0
8 (中) 徳本 龍谷大平安 2 2 0
9 (左) 浅間 横浜 4 3 1
29 10 9
 投手成績
TEAM 勝敗 選手名(学校名) 被安打 奪三振 与四死球 失点 自責
日本 飯塚(日本文理) 5 0 4 0 0 0
  岸(明徳義塾) 2 0 6 0 0 0
中国 Z R Sheng 4 6 0 3 7 6
  H Feng 3 4 0 2 4 3


拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ