浦和学院、仙台育英に敗れ準優勝 13年夏の雪辱ならず

 初の決勝に進んだ浦和学院(埼玉)は仙台育英(宮城)に敗れ、13年夏の甲子園1回戦で10-11で敗れた借りを返すことはできなかった。

 1点を追う3回臺浩卓内野手(2年)の適時打で同点としたが、5回に勝ち越しを許した。7回に3番手で登板した江口奨理投手(2年)が2ランを浴び3点差が開き、力尽きた。

 江口は「ホームランは甘いコースに投げてしまった。1球の怖さを知りました。冬に体力をつけて、反省してやっていきます」と肩を落とした。

(日刊スポーツ)

◇浦和学院・森監督、仙台育英に競り負け「相手が一枚上だった」

201411181600

 浦和学院の森監督は「競り合った終盤にひと振りでやられた。相手が一枚上だった」と、七回に3点差とされた平沢の2ランを勝負の分かれ目に挙げ「歩かせてもいい場面で(江口が)一番自信のある球を打たれた。力の差」と続けた。

 先発にはエース江口ではなく小倉を起用した。森監督は「江口は関東大会でも3連投目は打たれるなど体力面で不安があった。それを含めていい経験ができた」と話した。

(サンスポ)

◇連投エース、悔しい被弾

 関東王者の浦和学院が初優勝を逃した。準決勝まで2日連続完投したエース江口に代わって先発した小倉が5回2失点と踏ん張った。だが、七回途中で3番手登板した江口が手痛い2ランを献上。「1球で…。自分の甘さです」と悔やんだ。

 昨春の甲子園優勝投手、小島が抜けた新チーム。森監督は「これが今の力。いい投手を打てるようにしないといけないし、江口の体力もつけないと」と課題を挙げた。

(時事通信)

◇浦和学院、初Vまであと一歩 春に向け打線に課題

 浦和学院は初の頂点にあと一歩届かなかった。決勝進出の原動力となった打線が、つながりを欠いた。「変化球を振らされ、直球で詰まらされた」と主将の3番津田。ここまでの2試合で9安打4打点の中軸も無安打に終わった。だが、視線は前を向いている。「好投手からどう得点するか。春に向け、打撃と走塁をもっと磨かないと」

(朝日新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

なんか勘違いしてるけど
別に自分は浦学が嫌いとか思ってない!

ただ徳栄とのライバルだからそう見えてしまうだけ

普通に浦学の試合は見に行くし、
徳栄の試合も見に行くし、
行ってる野球バーのマスター元浦学だし!

嫌いじゃないよ!浦学😊

本日の営業は終了しました!
昨日とのギャップでこんなに落ち着く?👀👀ってほど落ち着いておりました!
皆様日曜日もよろしくおねがいいたします!
そして平日も是非グラスラマジックにかからないように一杯二杯嗜みにご来店ください!
本日は浦学OB.聖光学院OBがご来店くださいました!

【埼玉県勢過去のセンバツ】

第40回 大宮工が優勝🏆️
第65回 大宮東が準V🥈
第70回 浦和学院が8強
第75回 花咲徳栄が8強
第80回 聖望学園が準V🥈
第85回 浦和学院が優勝🏆️

区切りの大会で結果を出す傾向あり。
ということは次は3年後か…😑💦

#記念大会
#大宮工
#大宮東
#聖望学園
#浦和学院

Stage fan vol.7 1/27より順次発売④
三浦春馬『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳〜』
多和田任益『改竄・熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン』

ミュージカルリポート
『テニスの王子様』3rdシーズン全国大会 青学vs立海 後編
『刀剣乱舞』歌合 乱舞狂乱 2019
#ステファン

もっと読み込む...

 

アーカイブ