浦和学院野球部、オーストラリア修学旅行実施報告

 2月7日(土)~13日(金)、オーストラリアのゴールドコーストにて、2学年野球部クラスの修学旅行が行われた。

 ゴールドコーストに到着するやいなや宿泊施設のスーパースポーツセンター(SSC)へチェックイン。そして、オリエンテーションの後、「Surfers Paradise BBC」にて練習を開始した。翌日以降も日本での生活リズムを崩すことなく、朝のトレーニングに始まり練習を欠かさず行った。5日目には、野球部がオーストラリアを訪れた際、毎年交流を深めているロビーナ高校での1日体験学習(地理・技術の授業)や合同トレーニングなど現地学生と積極的な国際交流を図った。

 もちろん、練習だけでなく修学旅行としての観光や自由行動も忘れてはいない。ゴールドコーストのテーマウォーターパーク「ウェッ ティンワイルド」でプールやアクティビティを楽しむ他、サーファーズ市内での班別行動では現地の建物や食文化に触れた。また、ウォーターマークホテルのシーフードバイキングでの食事や有名ブランドのアウトレットショップが並ぶハーバータウンショッピングセンターでの買い物など束の間の休息と楽しい時間を過ごした。

 生徒(選手)の表情を見ると、勝利を掴んだときの様な最高の笑顔がみえる。壮大なオーストラリアの景色を堪能したこと、また海外での練習と観光という調和のとれた行程が程良いリフレッシュとなったのではないだろうか。 春の選抜大会での活躍、そして最高の笑顔に繋げてくれることに期待したい。

 交流を深めて9回目の訪問となるロビーナ高校は、オーストラリア唯一の野球コース設置校。毎年、合同練習や体験授業を通し、互いに多くのことを学び刺激を受け、スポーツの枠を超えた貴重な国際交流が実現している。

 野球部コーチ兼クラス担任を務める中村要(地歴公民科教諭)は、「環境の変化にも臆することなく、むしろ現地での交流を終始楽しんでいる姿が印象強く、貴重な時間を過ごすことができた。ロビーナ高校での授業体験では、オーストラリアについての地理や、写真立てを作成する技術の授業を二手に分かれ取り組んだ。想像していたよりも遥かに、現地の学生と英語で積極的にコミュニケーションを図っており驚かされた。」と、充実した国際交流の様子について話してくれた。

201502201300 201502201301 201502201302 201502201303
201502201307 201502201306 201502201308 201502201311

27.2.7~13 野球部修学旅行.pdf

(浦和学院高校公式ホームページ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

根尾が7球団競合するなら避けてもいいと思うな、小園や浦学の渡辺にいくのもあり。

ここからの駆け引きがドラフトだね☺️

今回は徳栄も浦学も出てないから相当舐められてたみたいだけど、その人たちに対してほら見ろと言わんばかりの勝利

根尾くんに人気が集中してるから、藤原くんや小園くん、金足農の吉田くんが一本釣りされそうなんだよな~くじ引き外した後の戦略が難しいね。ここは即戦力ではなく高校生で行くべきだと思う。浦学の渡邊とか早実の野村あたりか…

結果把握。近年の関東大会上位常連校、前橋育英、健大高崎、作新、常総、浦学、徳栄、木総、横浜、相模がいないベスト4、新鮮でいいねぇ。

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ