記事の詳細

 (3日・県営大宮)

 第6日は準決勝2試合が行われ、4連覇を狙う浦和学院と、花咲徳栄のAシード勢がそれぞれ勝利を収め、決勝に駒を進めた。関東大会(21~25日・群馬)の出場は浦和学院が4年連続17度目、花咲徳栄は3年ぶり8度目。決勝進出は浦和学院が4年連続15度目、花咲徳栄は3年ぶり8度目。

 浦和学院は上尾に6-3と粘り勝ち。同点で迎えた九回に蛭間の2点適時打などで3点を勝ち越し。計3失策と守備が乱れたものの、エース右腕榊原が要所を締めて9回を投げ抜いた。

 選抜大会出場の花咲徳栄は初4強の山村学園に3-2で逃げ切り勝ち。二回に野本の適時内野安打などで2点を先行すると、五回にも敵失に乗じて追加点を奪った。

 また、県高野連は悪天候が予想される4日の浦和学院-花咲徳栄の決勝について、試合開始時間を当初の10時から12時に変更すると発表した。

浦学、成長示す粘り勝ち

8回裏上尾2死一、三塁のピンチをしのぎ、雄たけびを上げる浦和学院のエース右腕榊原

8回裏上尾2死一、三塁のピンチをしのぎ、雄たけびを上げる浦和学院のエース右腕榊原

 超満員の観衆が息をのんで見守った大一番は、浦和学院の勝負強さに軍配が上がった。激戦の末に母校・上尾を退けた森監督は「両校の成長がうかがえる試合。互いにミスは出たが、うちとしてはベストゲーム」とナインの奮闘をねぎらった。

 立ち上がりは気合が空回りしていたエース右腕榊原も「前はピンチで弱気になっていたが、きょうは燃えた」と自責点2で完投。八回2死一、三塁の窮地では渡部を遊ゴロに打ち取り、力強い雄たけびを上げた。

 エースの力投が打線に火をつけ、今大会初めて先行を許した展開にも、「点を取られて開き直った」と主将の諏訪。三回に家盛の適時打、幸喜の犠飛で追い付き、3-3の同点で迎えた九回にも粘りを見せた。1死二、三塁から敵失で勝ち越すと、攻め手を緩めることなく1年生蛭間が2点左前打で突き放した。

 昨秋の関東大会で桐生第一(群馬)に1-6と完敗した悔しさを糧に、厳しい練習を乗り越えてきた浦和学院ナイン。諏訪は「冬場の練習を信じて必ず優勝したい」と力を込めた。

貴重な追加点 森監督も評価 1年生・蛭間

 6番右翼手で初の先発出場を果たした浦和学院の1年生蛭間。九回2死二、三塁の好機で外角低めの直球を左前に運ぶ2点適時打。「先輩方の声が勇気をくれた。足を引っ張っていたので打ちたかった」と貴重な追加点をたたき出した。

 1日の春日部東戦で右翼手桑原樹が負傷し、巡ってきたチャンス。「最後はあの子しか打たない気がしていた。打席でのオーラが違う」と、森監督も高い評価を与える逸材は「1年生なのでフルスイングで行けと言われている。つなぐ打撃を心掛けていきたい」とさらなる活躍を誓った。

上尾、勝負どころで痛手

1回裏上尾2死一、三塁、上尾の潮田が左前適時打を放つ。捕手梶山

1回裏上尾2死一、三塁、上尾の潮田が左前適時打を放つ。捕手梶山

 昨秋の王者を相手に終盤までがっぷり四つ。上尾は九回に失策が絡み勝ち越され、浦和学院に惜敗。高野監督は「攻守の勝負どころで自分たちから崩れてしまった」と沈痛な面持ちだった。

 2-2の七回、渡部の押し出しで勝ち越しを許し、流れを失いかけた。しかし、その裏に併殺崩れの間に同点に追い付く。上尾らしい粘りだった。

 だが九回に耐え続けた守備がほころぶ。1死二、三塁とされ一ゴロを増田が本塁へ送球。挟殺になったが捕手市瀬の悪送球で再び勝ち越される。後続にも適時打を浴び、万事休した。主将の増田は「力がないからこその焦り」とうつむく。

 それでも県大会4試合を通して課題を明確に自覚できたのは収穫だ。瀬田は「勝負どころのミスをなくさないと。細かい部分を見つめ直したい」。夏の主役になるため、下を向いている暇はない。

 

昨秋と同カード 試される総合力

 Aシード両校が地力を発揮し、昨秋の県大会決勝と同カードが実現。両校ともエースを温存する見込みで、総合力が試される一戦となる。

 4連覇を狙う浦和学院は勝負強い打線の援護に期待。準決勝で安打のなかった幸喜、前田に当たりが戻れば怖さが増す。先発は準々決勝で好投した左腕大澤と予想する。

 花咲徳栄はここまで全4試合に先発している2年生右腕網脇の疲労を考慮し、先発候補は本多、清水の両右腕か。準決勝同様に機動力を生かしてしぶとく加点したい。

(埼玉新聞)

 試合結果
 県大会準決勝 5月3日(県営大宮球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
浦和学院 0 0 2 0 0 0 1 0 3 6 12 3
上尾 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3 8 1
【浦】 榊原-梶山
【上】 山下、渡部-市瀬
杉山、榊原(浦)
 浦和学院打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
山本 5 3 0
家盛 3 2 1
諏訪 2 1 1
幸喜 4 0 1
梶山 5 2 0
蛭間 5 1 2
前田 5 0 0
榊原 3 2 0
杉山 3 1 0
35 12 5
 上尾打撃成績
位置 選手名 打数 安打 打点
土屋 4 1 0
亘理 5 2 0
山口 3 0 0
増田 3 0 0
大橋 4 1 1
瀬田 4 2 1
萩原 3 0 0
市瀬 3 1 0
山下 2 0 0
1 渡部 2 1 0
33 8 2
 投手成績
TEAM 選手名 被安打 奪三振 四死球 失点 自責
浦和学院 榊原 9 8 4 6 3 2
上尾 山下 6 1/3 8 3 2 2 3
渡部 2 2/3 4 2 3 4 0
TEAM 三振 四死球 犠打 盗塁 失策 併殺 残塁
浦和学院 5 5 3 0 3 0 10
上尾 4 6 2 0 1 1 11

 終盤に勝負強さを見せた浦和学院が上尾に競り勝った。浦和学院は3-3の九回1死二、三塁から敵失で勝ち越すと、なおも2死二、三塁で6番蛭間が左前へ2点適時打。計3失策と内野守備が乱れたが、要所を締めたエース左腕榊原が9回を自責点2で完投した。八回まで互角の勝負を展開した上尾は九回の失策が痛手だった。

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る