東京ガス・笹川「三度目の正直」ラストチャンス気合

 社会人屈指の強打者で来秋ドラフト候補の東京ガス・笹川晃平外野手(23=東洋大)が、「三度目の正直」でドラフト解禁年を迎える。浦和学院、東洋大でもプロ入りを目指したが、力不足から志望届を提出せず。「自分の中では高校でも、大学でもダメだったか…と。来年、ラストチャンスの気持ちです」と闘志をたぎらせる。

 過去の自分を変える。高校、大学はドラフトイヤーに結果を残せなかった。「来年は思い切ってやりたいなと思っています。ビクビクしたくないですし、後悔しないようにしたいです」と力を込める。今年、入社した東京ガスでは4番を任され、社会人日本代表でも4番。スカウトからも注目されるが、「チームがあっての僕」と勝利を求める4番の仕事に徹する。

 高校日本代表ではエンゼルス大谷、阪神藤浪らとチームメートで、大学2年時にはU21日本代表で広島鈴木、日本ハム近藤らとプレーした。「テレビを見て、刺激を受けたり、励みになっています」と話す。「今の力では足りませんが、また同じ舞台でやりたい」と目を輝かせる。

 目標の選手には巨人陽岱鋼を挙げ、3拍子揃った選手を理想に掲げる。長打力はもちろん、50メートル走6秒の俊足もアピールポイントである。「守備、走塁には波がないので、確実にやれるようにしたいです」。重圧に打ち勝ち、プロへの道を切り開く。

(日刊スポーツ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

根尾が7球団競合するなら避けてもいいと思うな、小園や浦学の渡辺にいくのもあり。

ここからの駆け引きがドラフトだね☺️

今回は徳栄も浦学も出てないから相当舐められてたみたいだけど、その人たちに対してほら見ろと言わんばかりの勝利

根尾くんに人気が集中してるから、藤原くんや小園くん、金足農の吉田くんが一本釣りされそうなんだよな~くじ引き外した後の戦略が難しいね。ここは即戦力ではなく高校生で行くべきだと思う。浦学の渡邊とか早実の野村あたりか…

結果把握。近年の関東大会上位常連校、前橋育英、健大高崎、作新、常総、浦学、徳栄、木総、横浜、相模がいないベスト4、新鮮でいいねぇ。

ゆけ〜浦学〜! 勝利を手にしろ!
ゆけ〜浦学〜! 勝利をつかめ〜〜!
つづけ〜(たくやぁ〜)!
お前がヒーローだ〜〜〜!
ゆけ〜浦学〜! 勝負を決めろ〜〜!

もっと読み込む...

 

アーカイブ