春季県高校野球地区大会、11日開幕

 春季県高校野球地区大会の組み合わせが5日、東西南北の各地区で決定した。地区大会の参加チームは139チーム(合同は7チーム)。各地区で11日からスタートし、順調に日程を消化すれば17日までに県大会に出場する代表37チームが決まる。

 昨秋8強入りした春季県大会6連覇を目指す浦和学院、昨秋王者の花咲徳栄、市川越、山村学園、上尾、栄北、埼玉栄、朝霞は県大会から出場する。

 県大会は20日、シード8チームを加えた45チームで抽選会を行い、23日から始まる。決勝は5月4日に実施する予定。上位2校が関東大会(5月19~23日・千葉)の出場権を手にする。

 地区大会では昨年の春季県大会4強の春日部共栄が11日の1回戦で八潮と対戦。19年ぶりに春の優勝を狙う聖望学園は15日の代表決定戦で所沢中央-川越の勝者と戦う。

(埼玉新聞)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

ぶっちゃけ、浦学や徳栄が甲子園決まった時は不祥事おこさねぇかなぁって思ってたけど、まさか共栄の時に起きるとは。。
他の学校もはたけばホコリがいっぱい出てくるだろうに。

文化放送の勇太朗のインタビュー聴きました📻
浦学の練習は厳しいと言っていたことが一番印象でした
練習が辛くて辞めようとした野球を仲間や監督の支えがあって続けて甲子園で輝いてこうしてプロ野球選手になれた✨
諦めなくてよかったね‼️
そして本当に素晴らしい仲間や監督に出会えたと思いました✨

慶応大のスポーツ推薦合格者(2019)

山本晃大 浦和学院 177cm70kg  右右 1年浪人して合格、抜群の身体能力

2017年浦和学院で5番センターだった山本選手が1浪で慶応に推薦合格。浦学から慶応は今までいなかったかな

慶応大のスポーツ推薦合格者(2019) | ドラフト会議ホームページ2019 Draft home page

...

www.draft-kaigi.jp

もっと読み込む...

 

アーカイブ