浦学は盈進東野と初戦 組み合わせ決まる

 第100回全国高校野球南埼玉大会の組み合わせ抽選会が20日、行われた。春季県大会を制した浦和学院・蛭間拓哉主将(3年)が7月7日の開会式で選手宣誓を務める。

 南埼玉大会は川越西と大宮東の開幕戦でスタート。Aシード浦和学院のブロックには、プロ注目の最速146キロ右腕・米倉貫太投手(3年)擁する埼玉栄が入り、お互いに勝ち進めば準々決勝での対決となる。

 好左腕の和田朋也投手(2年)擁する優勝候補・山村学園のブロックは最激戦区。山村学園は、初戦からプロ注目左腕の英(はなぶさ)真太郎投手(3年)擁する浦和実とぶつかる。

 昨秋県準優勝の市川越、ノーシードながら選手層の厚い川越東も同じブロックに入り、ベスト8入りへしのぎを削る展開になる。

浦学が本命、追う山村学園ら川越勢

 84チームが参加する南埼玉大会は、浦和学院が軸となる。190センチ右腕・渡辺勇太朗投手(3年)を中心とした投手陣は、故障者が多く出た1年だったが、本来の能力は県内屈指。野手も1年時から主軸を務める蛭間拓哉外野手(3年)を中心に、プレー1つ1つへの集中力が高い。万全ならば本命だ。

 県内で3季連続4強の山村学園は、野邨(のむら)祐樹外野手(3年)を中心にしたアグレッシブな攻撃が売り。左腕・和田朋也投手(2年)は今春、浦和学院に9回1失点の好投を演じた。

 市川越の左腕・和田光投手(2年)は昨秋、浦和学院を7安打完封。右腕・太賀(たいが)龍人投手(3年)との2枚看板で挑む。山村学園、市川越に、選手層の厚い川越東も含めた川越勢3校は、優勝を狙える力がある。

 埼玉栄の最速146キロ右腕、米倉貫太投手(3年)もラストイヤー。万全の状態で臨みたい。聖望学園やふじみ野、狭山ケ丘も実力は十分。浦和実の最速140キロ左腕・英(はなぶさ)真太郎投手(3年)は他校も警戒する存在だ。

(日刊スポーツ)

蛭間主将、5年ぶり甲子園へ「1戦必勝で1試合1試合全力で」

 南埼玉・第1シードで5年ぶりの甲子園出場を目指す浦和学院は、初戦で東野と対戦する。浦和学院の蛭間拓哉主将(3年)は「相手に関係なく1戦必勝で1試合1試合全力でやっていく。大会の日に向けて100%準備をしていく」と意気込みを語った。春の関東大会では埼玉県王者として出場したが、準々決勝で敗退。「夏こそは勝たせられるキャプテンになれるようにしっかりやっていきたい」と主将としての覚悟をみせた。

 また、蛭間主将は春季大会優勝校として南埼玉・北埼玉大会で選手宣誓を行う。「人前で話すのは得意ではない」と苦笑いだった。

(スポニチ)

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

明日学浦の文化祭きてね〜
今年はどのクラスもレベル高めだよ‼︎

みんな明日暇なら学浦の文化祭来るべきじゃない?

29日(土曜日)浦学の文化祭があるので
来れる人は是非来てください!

浦学めっちゃ広いんで
色んなクラスの出し物などが見れると思いますよ!!!

もっと読み込む...

 

アーカイブ