浦和学院、3回戦突破 上野がランニング弾

 浦和学院が危なげなく3回戦を突破した。

 1回に小町竜梧一塁手(3年)の2点適時二塁打などで4点。2回も中前祐也遊撃手(2年)の適時二塁打などで4得点し、試合を決めた。

 5回には、4番の上野暖人右翼手(3年)が右中間へ痛烈なライナーを放った。志木守備陣に特にミスはなかったが、上野は快足を飛ばし、高校入学後初となるランニング本塁打を記録。「抜けた瞬間にホームを狙おうと思っていました」と走塁意識の高さを口にした。

(日刊スポーツ)




     拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

 

アーカイブ