浦学、大宮工にコールド勝ちで県大会進出 秋季高校野球地区大会

 (11日・上尾市民ほか)

 3地区で各組の代表決定戦計15試合を行い、北部の松山はエース左腕吉田が16奪三振完封し、熊谷を7―0で破った。今夏の北埼玉大会準優勝の上尾は11-5で滑川総合に快勝した。

 4大会ぶりの選抜出場を狙う南部の浦和学院は大宮工に10-0の五回コールド勝ち。西武台は川口青陵に延長十回、3-2でサヨナラ勝ち。東部は、春日部共栄が蓮田松韻に11-3で八回コールド勝ちし、叡明は不動岡に4-0で完封勝ち。東部は全試合が終了し、9代表が出そろった。

(埼玉新聞)

試合結果

 南部F組代表決定戦 9月11日(県営大宮)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
大宮工 0 0 0 0 0         0 4 1
浦和学院 1 2 5 0 2x         10 10 0
【浦】 永島ー石谷
【大】 津藤、渡邊、津藤、渡邊、藤村-岩田
中前(浦)
石谷(浦)
石谷(浦)
 浦学スタメン
打順 位置 選手名 学年
1 下薗 2年
2 後藤 2年
3 中前 2年
4 1年
5 徳弘 2年
6 水戸部 2年
7 石谷 2年
8 永島 2年
9 齋藤 1年
     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ