強豪高の選手ら、中学生200人指導 彩の国野球フェス

中学生を指導する浦和学院の渡邉勇太朗投手

 高校生らの指導で中学生に野球技術を学んでもらう「第23回彩の国野球フェスティバル」(県高野連など主催)が14日、さいたま市大宮区の県営大宮公園野球場で行われた。

 花咲徳栄や浦和学院、上尾など強豪校の選手、監督が中学生約200人を指導。花咲徳栄の野村佑希選手(3年)=北海道日本ハムファイターズから2位指名=や、今夏の甲子園で8強入りした浦和学院の蛭間拓哉前主将(同)らが「フルスイングでバットを振って」などとアドバイスした。

 蛭間前主将は「センター返しなど基本的なことを意識しながら、楽しんで野球に取り組んでほしい」とエールを送った。野村選手から指導を受けた朝霞第一中学校2年、相嵜琢磨さん(13)は「緊張したがとても勉強になった。知っている選手を身近に感じられてうれしかった」と顔をほころばせた。

     拍手する




関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

バスで隣に座ってる浦学の生徒が俺の読んでる東洋経済オンラインの記事見てきてきもいからツイート案件だな思ってそのようなこと書いてたら察したのか違うところに移動したわろた

昨日の試合で浦学が叡明っていう中堅クラスに負けたと聞いて驚きが隠せない

浦学まさかの春大2回戦敗退…
これで夏の大会はノーシードからのスタートになった…俺が浦学を応援し始めて20年間で初のノーシード…

もっと読み込む...

 

アーカイブ