浦学、初戦は春日部東 春季県大会24日開幕

 春季県高校野球大会の組み合わせ抽選会が20日、スポーツ研修センターで行われ、各地区予選を勝ち抜いた38校に、今春の選抜高校野球大会に出場した花咲徳栄を加えた計39校の対戦相手が決まった。

 昨年の秋季県大会の結果を基に、優勝した浦和学院が第1シード、準優勝の花咲徳栄が第2シードに収まり、同大会4強同士による抽選で第3シードに川越東、第4シードには坂戸西が入った。

 シード校はいずれも2回戦から登場し、浦和学院は春日部東、花咲徳栄は蓮田松韻と対戦。川越東は春日部と顔を合わせ、坂戸西は埼玉栄とぶつかる。

 大会は24日に開幕し、県営大宮など4球場で熱戦が展開される。順調に日程が消化されれば、決勝は5月4日に行われ、上位2校が茨城県で開催される関東高校大会(5月15日から5日間)に出場。今大会のベスト16が全国高校選手権埼玉大会(7月9日開幕)のシード権を獲得する。

 大会は全試合有料となり、一般が500円、中高生は200円。引率された少年野球・中学生チーム(引率者・保護者有料)、障害者(障害者手帳の提示)と小学生以下の入場は無料となる。

◇「強さ見せ連覇狙う」

 昨秋の県大会を3年ぶりに制した浦和学院が第1シードに入り、春の連覇を目指す。森監督も「本番は夏だが、そのためにも春は全力で一戦一戦やる」と抜かりない。

 昨春は4年ぶりに県を制した勢いで、6年ぶりの関東王者の称号を手にした。だが、4連覇を狙った夏は5回戦敗退。森監督は「春がいいと夏は勝てないというが、ジンクスは関係ない。力のあるチームなら勝てる」と自信満々。欲張りな王者は揺るぎない強さを見せるつもりだ。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ