この夏注目の8人<8>浦和学院・久保翔平捕手

◇ナイン率いる扇の要

 先発、中継ぎどちらもいける万能型エース阿部、プロ注目で速球派の南、制球のいい左腕・萩原大。春の関東大会を連覇し、2年ぶりの甲子園出場が至上命題のチームにあって、多彩な投手陣を生かすのも、この男がいてこそ。森監督も絶大の信頼を置く扇の要だ。

 1年春からベンチ入りし、その年の秋から正捕手に定着した。「マウンドで孤独にさせないようにやっている」と試合中も投手に頻繁に声を掛ける。

 4連覇を目指した昨年は、5回戦で優勝した聖望学園に敗れた。相手打者のバスターの構えにかく乱され、「自分の捕球や送球ができずに負けた。人生で一番悔しかった」。基本の動作を見直し、「冷静さを欠いてはいけない」と精神面の重要性を再認識した。

 小学生から捕手一筋。「バッテリーは試合の80~90パーセント。自分が試合をつくって投手を勝たせることができる」と魅力を語る。元楽天監督の野村克也氏や古田敦也氏の著書を読み尽くした。捕球、配球、送球の技術だけではなく、「リーダーとしてどうあるべきか」を参考にしている。

 練習でもよく声を出し、ナインを引っ張る。森監督は「ここにきて久保がリーダーシップを出そうとしている」と満足げ。悔しさを知る背番号2は「今までやってきたことを出し、全国制覇したい」と迷いなく答えた。

(埼玉新聞)

この夏注目の8人・久保翔平捕手



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ