浦和学院一気に猛打爆発 コールド勝ちで決勝進出

◇浦和学院一気に猛打爆発でまさかのコールド勝ちで決勝進出

 5回を終わってグラウンド整備でひと間隔あくが、その時にはまさか次のイニングの表裏で試合が終わってしまうなどとは思ってもみなかった。まして、6回表には鷲宮が代わった松浦投手を攻めて1点差としていたところである。試合そのものがわからなくなってきたところだったのだ。

 ところがその裏、浦和学院の猛攻が待っていた。

 この回の浦和学院は1死後荒井君、佐藤拓君が相次いで四死球で出ると二番浦崎君が三塁線を破って二塁走者を返し、これが口火となった。その後、野選と失策が絡み得点が入り、五番森君が中前打してこの回5点目を挙げる。鷲宮ベンチはここで先発増渕君を諦めて大河内君を送り込んだが止めきれなかった。日高君、石橋君、笹川君といずれも鋭くはじき返した単打が続く。死球を挟んで、この回2打席目の佐藤拓君が中前へ2点タイムリー打して1死のまま、何と9点が入ってコールドゲームが成立した。

 高校野球では、決してスコアほど力の差はなくても、何らかの拍子にこういったビッグイニングが作られることがある。森士監督としても、失策など相手のミス絡みのビッグイニングだけに、これを実力とは評価していない。それよりはむしろ、序盤から中盤の競っていた場面で先制点を叩き出した沼田君の初回の二塁打、同点の局面で飛び出した5回の日高君の2ランを評価した。特に、日高君の一発は、「あれで勢いがついた」と言うように、その後への猛打への呼び水にもなっていたともいえそうだ。

 県大会に入って、ここまですべてコールドゲームで決勝進出を果たした浦和学院だが、森監督は慎重だ。「新チームがスタートした段階ではブロック予選で敗退してもおかしくないくらいの状態でした。それを、選手たちが危機感を持って取り組んで、気持ちも集中させていかれるようになったのがこういう結果になったのではないでしょうか」と、精神面の充実を進撃の要因に上げていた。

 地元埼玉県開催となるこの秋の関東大会。浦和学院としては、関東ナンバー1を十分に意識して向かっていく勢いだ。

 ところで、この試合では両チームのスターティングメンバーで一番打者に投手が入っているという珍しいものとなった。それに、鷲宮は関口君が左利きの二塁手というのも珍しかった。また、増渕君はヤクルトの増渕竜義投手の弟だし、九番には同姓同名の一塁手として木村拓哉君がいた。

 一方、浦和学院では五番森君が森監督の次男、控え投手としては背番号10で元ヤクルト、東北楽天コーチの池山隆寛(現デイリースポーツ評論家)の長男がいるなど、話題となる要素も多かった。

http://www.hb-nippon.com/report/562-hb-saitama-game2010/7089-20101003001

(高校野球情報.com)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ