試合速報はこちら

浦和学院が関東大会出場へ 秋季高校野球県大会

(3日・県営大宮)

 第7日は準決勝が行われ、第1シード春日部共栄と第2シード浦和学院がそれぞれ勝って決勝に進出。3枠ある関東高校大会(10月30~11月3日・県営大宮、市営大宮)の出場権を獲得した。残り1枠は浦和実と鷲宮が3位決定戦で争う。

 春日部共栄は関東高校大会出場が5年ぶり12度目で、決勝進出は5年ぶり10度目。浦和学院はともに2年連続12度目。両校の決勝対決は5年ぶり5度目となる。

 春日部共栄は浦和実に3-1で競り勝った。先発竹崎が被安打8ながら要所を締め完投した。浦和学院は鷲宮に12-2で六回コールド勝ち。3-2の六回に打者一巡の猛攻で一挙9点を奪った。

 最終日は4日、県営大宮球場で3位決定戦(10時)と、決勝(12時30分)が行われる。

◇快勝呼ぶ積極打撃 浦和学院

 しぶとく粘る鷲宮を、浦和学院は爆発力ある打撃で振り切った。六回に打者12人6安打の猛攻で9得点し一気に決着。地区大会から全5試合コールド勝ち。森監督も「全部コールドは初めてじゃないかな。出来過ぎ」と率直に驚く。

 一回、沼田の左中間フェンス直撃の二塁打で先制したものの、二~四回は計6残塁の拙攻で追い付かれる嫌な展開。だが、チームの信念は揺るがない。同点の五回に「同点で2死なので、当てにいかず振り切ろうと思った」と日高の公式戦初本塁打となる2ランで勝ち越した。

 迎えた六回、四死球で走者をためると、浦崎の二塁打と敵失などで加点。さらに1死二、三塁のチャンスで森が「失策の点だけではまだ流れは向こうにある」と中前2点適時打。これで打線に火が付いた。森から4連打、死球、そして佐藤のタイムリーで9得点した。

 「今年のチームカラーは積極的なフルスイング」と森監督。バットを思い切り振るというシンプルな考え方が快勝の連続を後押ししている。

(埼玉新聞)

◇夏の成果出せた--森士・浦和学院監督

 暑い夏の成果が出せた。(六回の9得点は)選手たちの貪欲(どんよく)に勝ちたいという意思の表れだった。昨年はこの県大会で優勝したが(関東大会は準々決勝敗退で)センバツに行けなかった。関東大会はその思いを踏まえ頑張りたい。

(毎日新聞埼玉版)

■準決勝(10月3日・県営大宮)

鷲宮
000101 |2
100029x|12
浦和学院
(6回コールド)

安打:鷲5、浦10
失策:鷲1、浦0

▽バッテリー
(鷲)増渕、大河内-遠藤
(浦)佐藤、松浦、佐藤-森

▽本塁打 日高(浦)
▽二塁打 湯沢、増渕(鷲)沼田、浦崎(浦)


0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。