2年で唯一の先発 小林2安打4打点

(21日・県営大宮ほか)

 第10日は3球場で4回戦の残り8試合が行われ、ベスト16が出そろった。

 所沢北は飯能南に5-4で逆転サヨナラ勝ち。九回に越智が決勝の2点二塁打を放った。本庄一は5-3で春日部東に競り勝った。市川越は川越工の追い上げをかわし、4-3で逃げ切った。

 シードの浦和学院、坂戸西、正智深谷はそれぞれ快勝。鷲宮、所沢商はコールド勝ちした。

 第11日は22日、県営大宮など2球場で5回戦4試合が行われる。

◇2年で唯一の先発 小林2安打4打点 浦和学院

 6得点での快勝にも打線が6安打と振るわず、森監督は「もう1本欲しいところで出ませんね」とやや渋い表情で振り返った。

 城北埼玉の村上のコーナーを突く投球にてこずった。それでも、奮起したのはスタメンで唯一の2年生の9番小林だ。「リラックスして打席に立った」と四回には適時二塁打、八回にも代わった木林から適時三塁打を放ち、「阿部さんを助けられてよかった」と頼もしかった。

 2安打4打点の活躍に、指揮官は「小林が仕事してくれたのが大きい」と9番打者をたたえ、「ラッキーボーイ的な存在になってほしい」とさらなる活躍に期待していた。

◇全員で最高の試合 城北埼玉

 創部初の4回戦進出を果たして迎えたウラガク戦。「ミラクルを起こそう」を合言葉に挑んだが、エース阿部に2安打無得点に抑え込まれ、願いは断たれた。

 「(今度の扉は)重かったですね」と藤野監督。それでも越谷東、白岡戦に快勝し、甲子園常連校を相手に堂々たる戦いぶり。「選手は野球を楽しみ、勝つたびに強くなった。最高の試合を見せてくれた」とたたえた。

 エース村上が再三のピンチを背負いながら、七回途中まで被安打4の4失点に抑える粘りの投球。七回途中から木林が今大会初登板し2点を失ったが、全員野球で春の関東大会2連覇の相手に善戦した。

 木林はこれまで投打でチームをけん引してきた。「学校は今日から始まる夏季講習を明日に延ばしてくれるなど、周りの方々が支えてくれた」と感謝。主将の大里は「最高のチームでした」と充実した表情を見せた。

◇成長示したエース村上 城北埼玉

 エース村上が、強打のウラガク打線を相手に七回途中まで4安打4失点に抑える粘りの投球を見せた。「1番から9番まで気が抜けなかった。直球を低めに集めることを心掛けた」と振り返る。

 二回1死満塁の場面では小林を投ゴロの併殺に抑えてピンチを脱出。2失策と守りが乱れた三回も、低めへの直球を武器に追加点を与えなかった。

 初戦は越谷東に完投で1失点。続く白岡戦では2安打完封でチームの勝利に貢献。「野球をやってきて良かった。自分が成長できたのも、みんなのおかげです」。さわやかな笑顔で3年間に思いをはせた。

◇「浦学サンバ」でチームに勢いを

 120人という大所帯を誇る浦和学院吹奏楽部。この日は育成メンバー(Bチーム)70人が、そろいの赤色Tシャツと帽子姿で応援に駆け付けた。6月には同部オリジナル曲「浦学サンバ」がCD「ブラバン甲子園3」に収録され、全国発売されたばかりだ。

 チームリーダーの3年・日野笑美奈さん(17)は「いつも外で練習しているので暑さには慣れている。『浦学サンバ』でチームを勢い付け、甲子園に行けるように精いっぱい応援したい」と意気込んだ。

(埼玉新聞)

◇4回戦

城北埼玉000 000 000|0
浦和学院010 200 12x|6

浦和学院は阿部が12奪三振で完封。二回に海野の適時二塁打で先制すると、その後も着実に加点した。城北埼玉は1点が遠かった。

【浦和学院】
⑤石 田 4-0-0
④濱 田 2-0-0
⑧ 星  3-1-1
⑦ 原  2-0-0
②久 保 2-0-0
③萩原大 3-2-0
⑨海 野 2-1-1
①阿 部 3-0-0
⑥小 林 4-2-4

(打数-安打-打点)

▽バッテリー
【浦】阿部-久保
【城】村上、木林-大里

▽三塁打 小林(浦)
▽二塁打 海野、小林(浦)

城12020222
 振球犠盗失併残
浦1841007

ブラバン!甲子園3 ブラバン!甲子園3
(2009/06/24)
東京佼成ウインドオーケストラ

商品詳細を見る




拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

Unable to load Tweets

 

アーカイブ