2年のリーダー、本塁打で存在感 浦和学院・小林選手

 浦和学院の小林賢剛(2年)の打球が、高々と上がって右翼席に飛び込んだ。二塁手前を回っていたところでガッツポーズ。浦和学院にとって今大会初の本塁打は、先発メンバーで唯一の2年生から生まれた。

 3回2死一塁、6点リードしていたが、小林は「いつもどおり、自分のスイングをする」と思いながら打席に入った。そして、内角高めの直球を鋭く振り抜いた。「決して狙っていたわけではなく、たまたま。本塁打は公式戦初」と話す。森士監督は「球を上からしっかり押さえ付けたのが良かった」と評価した。

 打撃と俊足をかわれ、1年の夏からベンチ入りし、秋にレギュラーになった。現在は2年のチームリーダーだ。野球のことになると上級生にも遠慮しない。一方で試合に出られなかったチームメートには、試合で経験したことを伝える。このため、次の主将候補の一人とも言われている。

 星稜太主将(3年)は「自分の姿をいつも近くで見てくれていた。来年はあいつに任せたい」と小林の横顔を見つめた。

(朝日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ