好守で投手支え 浦和学院(2年)遠藤生二塁手

 3点リードで迎えた五回表、相手先頭打者の二塁打をきっかけに無死一、三塁のピンチを迎えた。大量失点すると試合の流れを失いかねない。佐藤拓也投手と林崎龍也捕手のバッテリーはともに1年生。「おれたちが守ってやらないと」と気合を入れた。

 続く打者の打球は鋭い二塁ゴロ。本塁に送球する選択肢もあったが、素早い判断で併殺とし、失点を最少1に抑えた。次の打者のゴロも難なくさばいて3アウト。横浜の反撃を振り切ると、浦和学院のスタンドはおおいに沸いた。佐藤投手は試合後、「打たれても先輩たちが守ってくれると思って投げられた」と話した。

 名前の「生(いくる)」は父武智さん(48)が、「生きるのはつらいことだが、しっかり生き抜いて」と付けた。「気に入っています」。母の体調がすぐれない時には湯たんぽを用意する優しさの持ち主だ。

 試合後「守備には自信があるけど打撃は得意じゃない」と苦笑いしたように、この日は無安打。しかし「2番打者としてつなぎの役割を果たしたい」と八回には送りバントを決めた。甲子園に行きたくて入った浦和学院。「ここまで来たら優勝したい」。まずは関東1位を狙う。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ