試合速報はこちら

目指す『粘り強さ』発揮 浦和学院・小林賢剛主将

 今夏の悔しさをばねに「粘り強いチーム」を目指してきた浦和学院の小林賢剛主将(二年)は、しぶとい戦いで優勝を決め、笑顔を見せた。

 小林主将は、夏の県大会準決勝の本庄一戦に先発出場。だが狙い球が絞れず、つなぎの野球もできずに敗れた。「強い先輩ばかりだったのに、力を出し切れなかった。もうこんな悔しい思いはしたくない」と誓った。新チームになってからは「練習に自信を持って、悔いの残らない戦いをしよう。結果はおのずから付いてくる」と言い続け、チームを引っ張ってきた。

 この日、浦和学院は終始リードを奪いながら、八回に同点に追いつかれた。だが九回1死二塁のピンチを無失点に抑え、サヨナラ勝ちの流れをつくった。

 3番を任されながら、2試合で、わずか1安打だった小林主将も決勝は3安打。サヨナラの好機に敬遠されて存在感を示し、積極的な守備も光った。関東の王者として、来春の選抜出場はほぼ確実。小林主将は「粘り強さは発揮できた。苦しい時にもっと守れるように、打線はどこからでも打てるようにしたい」と先を見据えた。

(東京新聞埼玉版)

◇「流れ変える」主将の一振り 小林賢剛選手

 同点とされた3回裏、浦和学院の小林賢剛(2年)は意気込んで打席に入った。チェンジアップを振り抜くと、左翼線を破る二塁打。適時打で本塁を踏み、相手に傾きかけた流れを引き戻した。

 今夏の埼玉大会では2年生でレギュラー入り。本塁打も放った。だが、秋に入ると打撃が不調に。関東大会では9打数1安打。4日の準決勝の後、コーチと話し合い、ひざや腰を使うよう意識した。この日は3安打で、主軸の役割を果たした。

 選手たちからは「チームをもり立ててくれて頼れる」と慕われる主将だ。今大会を振り返り、チームの課題に守備の安定化と主軸の打力向上を挙げた。優勝の余韻に浸らない主将の目は、すでに来春の選抜大会を向いている。

(朝日新聞埼玉版)

◇「俺が引っ張る」でつかんだ優勝 浦和学院2年 小林賢剛主将

 「目指すは優勝。俺が引っ張る」。同点に追いつかれた直後の三回、すかさず左翼線の二塁打で出塁し、後続の適時打で勝ち越しのホームを踏んだ。

 今夏の県大会ではただ一人の2年生レギュラー。本塁打も打ったが、チームは準決勝で敗退。悔し涙の中、「新チームでリベンジ」と誓った。練習では「気持ちで負けるな」と、ナインに言い続けてきた。

 秋の県大会は、順調に勝ち進むチームをよそに自身は大不振。構えや足の上げ方を変えるなど、あれこれと試行錯誤したが、「今度こそ必ず打つ」と気持ちが前のめりになるあまり、調子は一向に戻らない。今大会も準決勝まで9打数1安打。プレーでチームを導けず、「主将として情けなかった」。

 「1球を大切に」と自らに言い聞かせて臨んだ決勝戦。これまでの不調がうそのように4打数3安打と爆発し、優勝をつかんだ。

 これで、来春の全国選抜高校野球大会への出場は確定的。この冬、守備も打撃もさらにレベルアップして、「選抜で活躍する」。すでに次を見据えている。

(読売新聞埼玉版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。