試合速報はこちら

浦和学院vs東海大相模 高校野球ドットコムレポート

 浦和学院対東海大相模の試合としては何か物足りない試合だった。東海大相模の機動力が炸裂した訳でもなければ浦和学院打撃陣が爆発したわけでもない。両チームがまるでお互いの長所を消しあうような展開で試合は進んだ。

 未だエースが固まっていない浦和学院投手陣は誰が先発するか注目されたが、先発はエース佐藤ではなく「昨日のピッチング練習で一番調子が良かった」(浦和学院・森監督)という県大会決勝の花咲徳栄戦で完投した1年生山口が先発する。

 山口はストレートは130km中盤ながらもコントロール特に縦のスライダーと横のスライダーの制球が良く「試合になるとスイッチが入る」(浦和学院・林崎)というマウンド度胸の良い投手である。

 一方の東海大相模は、今春のセンバツでもお馴染みの左腕エースの庄司が先発する。庄司は序盤特に左打者に対してはうまく攻めていた。

 「指示的には『内の真っ直ぐを捨てて外の真っ直ぐと変化球を狙え』って話だったんですけど、実際には内の真っ直ぐが多く来ていた」(浦和学院・林崎)というように、インコースのボール気味のストレートをうまく使い、左打者に十分に意識付けをし踏み込ませない。だが、浦和学院は右打者がチャンスを作る。

 2回表、浦和学院はこの回先頭の笹川のレフト線2塁打で出塁する。続く明石は犠打を失敗しチャンスは萎んだかに思われたが、6番・石橋のファーストゴロをファースト三井が間に合わない3塁に投げてしまい1死1、3塁とチャンスが広がる。すかさず浦学は木暮がセンターへのフライを打ち上げる。やや浅いフライだったが3塁走者笹川は突入し浦和学院が先制した。

 一方の東海大相模も4回裏、相手からチャンスをもらう。この回先頭の三井がデッドボールで出塁すると、続く遠藤のショートゴロを竹村がエラーし無死1、2塁としてしまう。ここで東海大相模ベンチは6番・佐藤に強攻させ当たりはピッチャーゴロとなり併殺かと思われたが、ここで問題となるシーンが生まれる。山口はなぜか2塁に投げると1塁走者遠藤が送球体勢に入っているショート竹村に対し、併殺を逃れるためかスライディングで竹村の右足を踏んでしまう。案の定竹村の送球は悪送球となり1-1の同点となる。竹村の右足は腫れ上がり足をガクガクさせていたため試合は16分間中断されることとなった。

 幸い大事には至らなかったようだが、この一連のシーンに対し、森監督も試合後「少し残念ですね。高校野球ですから」とあえて相模の選手達に苦言を呈した。

 それには、2回表にもフィルダースチョイスで1死1、3塁となった瞬間に3塁走者に対し、サードの磯網がタッチしながら明らかに両手で押し、露骨にランナーを3塁ベースから押し出そうとしていたプレーも含めての発言であろう。

 スライディングは、故意ではないかもしれないが、2回のプレーは故意であるととられてもしかたのないプレーだっただけに、浦和学院の選手達に期するものがあったはずだ。次の回すぐさま反撃を開始する。

 口火を切ったのはその竹村だった。1死後センター前ヒットで出塁すると、林崎もセンター前ヒットで続く。3番・佐藤はフォアボールを選び1死満塁とすると、続く笹川が犠牲フライを打ちすかさず2-1と勝ち越しに成功する。さらに、6回表にも1死1塁から7番・木暮に3塁線を破るタイムリー2塁打が飛び出しリードを2点に広げる。

 対する東海大相模も7回裏に反撃を開始する。この回先頭の端山に2塁打が飛び出し無死2塁とするが、ここも送らずに結果2死3塁でこの日3安打の磯網を迎える。カウント3ボール1ストライクからインハイで空振りをとり、フルカウントとする。まだまだ苦しい場面かと思われたが林崎の頭の中は違った。

 「ワンスリーからインハイのストレートで空振りを取れたんで最後は何を投げても抑えられる状況でした」と縦のスライダーで見逃し三振に切って取った。

 8回も東海大相模は先頭の石川が出塁したが、3、4番が共に初球打ちで凡退するなど結局最後まで山口を打ち崩せず3-1で浦和学院が勝利した。

 浦学はとにかく山口に尽きる。だが、当の本人はストレートが思い通りのコントロールでなかったことに対し不満げだった。このあたりは「ストレートが暴れていたらそれはそれで利用できるんで」と言う林崎の好リードがあってこその山口の好投だったようだ。

 また、エンドラン対策として2遊間がギリギリまで動かず打者のインパクトの瞬間空振りしたらベースに入り、バットに当たったら守備位置につく練習をするなど東海大相模対策にぬかりはなかったようだ。

 一方の東海大相模だが、旧チームのメンバーが一新されており、経験不足やスケールダウンは否めない。旧チームの1番・渡辺にあたる選手としては磯網がいるが、今年のチームには旧チームの2番・臼田のような選手がいない。

 「弱いからこそ練習で強くする楽しみがある」と東海大相模・門馬監督。一冬越えても旧チームのような強力なチームを作るためには課題が多そうである。ただこの敗戦から夏に向けて東海大相模がどうチームを作りあげていくのか注目だ。

(高校野球ドットコム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。