試合速報はこちら

選抜後の初戦でバッテリー変更 浦和学院

(25日・上尾市民ほか)

 第3日は2回戦8試合が行われ、桶川が秀明英光を6-2で破り、初のベスト16に進出した。

 この日から登場したシード勢は、第3シード鷲宮が増渕の4安打完封の力投で南稜を3-0で退けた。第4シード浦和実は長島のランニング3ランなどで北本にコールド勝ち。第1シード浦和学院は蕨、第2シード春日部共栄は栄北を下した。

 狭山ヶ丘は八回に小湊の2点二塁打で勝ち越し、昨秋8強の慶応志木に5-3で逆転勝ち。市川口は松山、埼玉栄は越谷南に競り勝った。

 第4日は県営大宮など2球場で2回戦の残り4試合が行われ、16強が出そろう。

◇選抜後の初戦でバッテリー変更 浦和学院

 選抜大会以来の公式戦となった浦和学院は蕨を4-1で退けた。昨夏の新人戦でも苦戦した相手に快勝とはいかず、森監督は「苦しむかなと思っていた通り」と話した。

 選抜大会からバッテリーを変更。左腕中山は失策絡みの1失点に抑え、2年生捕手の林崎も盗塁を刺し貢献した。森監督は「今は経験を積ませたい」と夏に向けて多くの選手の起用を示唆した。

(埼玉新聞)

■2回戦

000000001=1
00100012x=4
浦和学院

【蕨】小浜、原-片岡
【浦】中山-林崎

▽二塁打 平野(蕨)石橋、林崎(浦)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。