浦和学院、夏へ出直し誓う 春季高校野球県大会

(28日・県営大宮ほか)

 第5日は3回戦4試合を行い、市川口が選抜大会出場の第1シード浦和学院を9-7で破り、3年ぶりに準々決勝へ進出した。第2シード春日部共栄、昨年優勝の花咲徳栄、上尾も8強に入った。

 市川口は4-6の五回に近藤の2点二塁打などで3点を奪い逆転。その後も2得点し、浦和学院の反撃を1点に抑えた。

 上尾は三宅が6安打2失点で完投し、所沢北を5-2で下した。春日部共栄は三回に3得点し狭山ヶ丘に3-1で逆転勝ち。花咲徳栄は11安打で効率よく得点し、川口を9-5で退けた。

 第6日は29日、県営大宮と上尾市民で3回戦残り4試合を行い、ベスト8が出そろう。

◇真っ向勝負13安打9得点

 豪打爆発で王者を粉砕した。市川口が13安打9得点して浦和学院に打ち勝ち8強入り。「取られても打って取り返せばいい」と主将の斎藤。第1シードに名前負けするどころか真っ向勝負を挑んで大きな壁を越えた。

 エース佐藤を温存した相手投手陣を次々と攻略した。四回に4-6と逆転されたが、五回に近藤の逆転二塁打など2本の長打を浴びせて3点を奪い再逆転に成功した。

 8-6から1点返された九回にも山本の適時二塁打で加点。得点を許した4回のうち3度、次の回で点を取り返した。長井監督も「勝因はハート。臆することなく向かっていけた」と興奮気味に選手をたたえた。

 六回から4番手で登板したエース仲田も粘った。六回1死二、三塁では無失点、最大のピンチだった八回無死満塁は犠飛の1点にとどめた。

 ただ、ナインは勝っても満足しない。目標はもっと高い場所にある。好機での見逃し三振。10四死球の投手陣。強敵を倒した時ほど修正点を見逃しがちだが、「課題を改善し、関東大会に出る」。エースの引き締まった表情にこのチームのさらなる可能性を感じた。

◇夏へ出直し誓う

 選抜大会出場の浦和学院は攻守にちぐはぐで市川口に逆転負け。森監督は「自分たちの弱さが出た」と遠くを見つめた。

 エース佐藤を温存し、マウンドに送った左の3投手が9失点。強力打線で取り返したかったが六回、前打席本塁打の4番沼田に犠打をさせてまで奪いに行った同点機を逃すと、八回無死満塁は期待の4~6番で得点は日高の犠打での1点のみ。

 主将の小林は「結果がすべて。もう1度やり直したい」と敗戦にショックを受けながらも、夏に向けて出直しを誓った。

(埼玉新聞)

■3回戦
市立川口
101231001=9
201300010=7
浦和学院

【市】古川真、高橋元、佐藤、仲田-山本
【浦】中山、浅田、松浦-林崎

▽本塁打 沼田(浦)
▽三塁打 小林(浦)
▽二塁打 小池、斎藤弘、山川、近藤、須永、山本(市)沼田(浦)




拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ