選抜以来の登板 悪いなりに収穫 浦和学院・佐藤

(17日・県営大宮ほか)

 第7日は6球場で3回戦の残り16試合が行われ、4回戦に進出する32校が決まった。

 昨年王者の本庄一は3点を追う九回に4点を奪い、深谷一に6-5で逆転サヨナラ勝ち。Dシード埼玉栄は栄北を3-2のサヨナラで下した。川越東はDシード大宮西に8-1で七回コールド勝ち。浦和北は松山に8-5で逆転勝ちした。

 シード校はBシード浦和実、Cシード大宮東、市川越、Dシード浦和学院がコールド勝ち。Dシード鷲宮は東農大三を4―0で破った。

 第8日は18日、県営大宮など3球場で、4回戦16試合のうち8試合が行われる。

◇選抜以来の登板 悪いなりに収穫 浦和学院

 春の選抜大会以来となる公式戦のマウンドに立った佐藤が5回を被安打3無失点。球が浮き、四回には連打で無死一、三塁のピンチを招いたが、ここから「気持ちを入れ直した」とギアチェンジ。右飛、二飛で2死までこぎ着けると、続く打者は3球で見逃し三振に仕留めた。右腕は「悪いなりに抑えられたのは収穫」と一定の手応えを感じていた。

◇粘れたのは成長 西武文理・栗原主将

 (七回コールド負け)いろいろ対策を講じたが力負けした。でも六回に粘れたのは成長の証し。

■7月17日(3回戦)

西武文理
0000020=2
303030x=9
浦和学院

(7回コールド)

【浦】佐藤、中山-森
【西】遠藤、老川、近藤、河村、木本-矢島、熊澤

▽二塁打 日高(浦)近藤、栗原(西)

【浦和学院】
①7佐 藤3-0-0
④ 竹 村2-0-0
⑥ 小 林3-1-0
⑤ 沼 田2-1-0
③ 日 高4-3-3
②  森 3-2-3
⑨ 笹 川3-1-1
⑧ 石 橋2-1-1
⑦ 室 町1-0-0
H7今 栄1-1-0
H 小 野1-0-0
 1中 山0-0-0

(打数-安打-打点)

西5000217
 振球犠盗失併残
浦0613205

 浦和学院は一回、1安打で3点を先制。三回にも日高、森の連続適時打で3点を追加した。西武文理は四回無死一、三塁での無得点が痛かった。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ