浦和学院・中山好投「頼もしい」 高校野球埼玉大会

◇初の私立8強独占 あす準々決勝

(22日・県営大宮ほか)

 第10日は3球場で5回戦8試合が行われ、史上初めて私立校がベスト8を独占した。秀明英光はCシード大宮東に8-6で逆転勝ちし、初の8強入り。狭山ケ丘はAシード上尾に2-1でサヨナラ勝ちし、22年ぶりの準々決勝に進出した。武南は朝霞を6-3で下し、9年ぶりの8強に名を連ねた。

 昨年王者の本庄一はDシード鷲宮、Bシード浦和実は川越東に競り勝った。Cシード春日部共栄は聖望学園に逆転勝ち。Aシード花咲徳栄、Dシード浦和学院は快勝した。

 第11日は24日、休養日を挟み、県営大宮など3球場で準々決勝4試合が行われる。

◇中山好投「頼もしい」 浦和学院

 五回に6連打で6点を奪い、4回戦と同じように一気に試合を決めた。頂点を目指す常勝軍団にとってこの5回戦までは前半戦。優勝までのあと3試合が後半戦といったところか。

 その後半戦に向けて、背番号1の中山が好投したのは明るい材料だ。左腕は「腕を振って変化球を低めに投げられた」と7回を2安打無失点。立ち上がりこそ制球が定まらず余計な四球を出したものの、得意のカーブと鋭く走る直球でピンチらしいピンチは六回1死二塁の一度だけだった。

 森監督は「中山はどの球も思い通りに投げていた。これからうちは総動員。頼もしい姿を見せてくれた」と賛辞を贈った。

◇完敗も成長示した夏 成徳大深谷

 秋、春と県大会に進めなかった悔しさを胸に刻み、ベスト16まで駒を進めた夏が終わった。

 前半は強豪浦和学院を相手に健闘。二回、2本の安打などで1点を許したが、三回には併殺を奪う好守をみせた。

 ところが五回に暗転。6連続安打に失策が重なり6失点。泉名監督は「自分たちの野球をやろうと臨んだがやはり力不足。よく頑張った」と選手たちをねぎらった。

 「ありがとう。よく頑張った」。試合後、涙を流しながら抱き合う選手たち。主将の森谷は「悔しいけど全力で戦った。来年こそ甲子園を目指してほしい」と後輩に期待した。

■7月22日(5回戦)

成徳大深谷
0000000=0
010060x=7
浦和学院
(7回コールド)

【浦】中山-森
【成】田沼、新井、酒井-森谷

▽二塁打 石橋(浦)福島、小関(成)

【浦和学院】
⑦ 佐 藤4-2-1
④ 竹 村3-0-0
⑥ 小 林1-0-0
⑤ 沼 田4-1-0
③ 日 高4-1-0
②  森 4-1-2
⑨ 笹 川2-2-0
⑧ 石 橋2-1-1
① 中 山3-1-2

(打数-安打-打点)

▽投手成績

 中山 7回、被安打2、与四死球2、2奪三振、自責点0

成2200213
 振球犠盗失併残
浦2600016

 2回に1点を先制した浦和学院は5回、石橋、中山の連続適時打などで6点を追加。一気に勝負を決めた。成徳大深谷は打線が2安打に封じ込められた。

(埼玉新聞)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ