はばたけ浦学:プレーで恩返し 選手ら誓う センバツ旗授与式

 3月21日に開幕する第84回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)を前に、毎日新聞社がセンバツ旗を出場校に手渡す「センバツ旗授与式」が18日、浦和学院(さいたま市緑区)であった。

 1年生約800人が見守る中、大坪信剛毎日新聞さいたま支局長から、高間薫県高野連理事長、小沢友紀雄校長の順にセンバツ旗が手渡された。

 小沢校長から旗を受けた明石飛真主将(2年)は、東日本大震災の被災地・宮城県石巻市でのボランティア活動に触れ「大好きな野球ができることに感謝しながら(交流した)被災者のためにも甲子園のプレーで恩返ししたい」とあいさつ。森士監督は「2年連続甲子園の舞台に立たせてもらうことに感謝し、応援してくれる皆さんにメッセージを与えられるよう頑張っていきたい」と語った。

(毎日新聞埼玉版)

◇浦和学院に選抜旗 主将「甲子園で1日でも長く」

 第84回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)に出場する浦和学院高校(さいたま市緑区)で18日、野球部員や1年生約800人が見守る中、明石飛真(ひゅうま)主将(2年)に選抜旗が授与された。

 明石主将はあいさつで、「昨年、被災地で支援活動をさせていただき、野球ができる喜びを感じている。今まで支えてくれた人たちにプレーで恩返しし、1日でも長く甲子園で戦いたい」と活躍を誓っていた。

(朝日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ