試合速報はこちら

<浦和学院だより>黙とうささげ決意新た 合宿終え、全体練習再開

201203121330.jpg
【写真】地震が発生した午後2時46分に、黙とうする浦和学院ナイン=11日、同校グラウンド(埼玉新聞)

 10日に沖縄合宿を終えたチームは11日、同校グラウンドで全体練習を再開した。

 投手の犠打処理やけん制、挟殺練習などを行う3カ所フォーメーションを実施。続いて一、二塁、一、三塁、満塁(全て1死)に走者を置いたノックをこなした。

 打撃練習では、15メートルの距離から手投げしたボールを木製バットで振り込んでから、金属バットに持ち替えて、通常の18・44メートルに戻して打ち込んだ。沖縄合宿で課題に挙がった1死二塁を想定した走塁練習も入念に行った。

 東日本大震災から1年を迎えたこの日、地震が発生した午後2時46分に選手たちは東北地方の方角に向かって一列に並び、黙とうをささげた。

 ナインはこれまでに2度、宮城県石巻市の被災地でボランティア活動や少年野球チームとの交流を行っている。森監督は選手たちに「野球ができることに感謝し、思い切りやろう」と言葉を掛けた。

 大震災で茨城県鹿嶋市の実家が、屋根瓦が落ちるなどの被害に遭ったエース佐藤は、「何不自由なく、大好きな野球をやらさせてもらっているので、甲子園では全力で、被災地に勇気を与えるプレーをしたい」と決意を新たにした。

◇結果より内容大事 監督一問一答

 沖縄合宿では練習試合が解禁となり、3勝1分けと好スタートを切った。森監督は冷静に課題を挙げつつも、一定の手応えを感じていた。

 ―6日間の合宿を振り返って

 「多少雨に降られたが、効率良く練習できた。(気温が)暖かいことで、選手たちは体を動かしやすく、けがもなかった。成果としては良かったと思う」

 ―練習試合は3勝1分け

 「結果よりも内容が大事。選手、戦術を確かめながらプロセスを重視した。でも、負けるよりは勝った方がいい」

 ―見つかった課題は

 「打線の試合勘がまだまだ。これから上げていかないと。走塁でも、瞬時の判断力がまだ戻っていない」

 ―打撃面の向上へ

 「実戦を意識して振り込む中で、量より質が大事になる」

 ―投手の仕上がりは

 「全員そこそこ良かった。佐藤はバランスなどがしっかりと修正できていて、去年より確実に上がってきた。山口、渡辺も順調。伊藤もだいぶ投手らしくなってきた」

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。