勝利決めた継投策・浦学、きょう常総学院と決勝

(19日・上毛敷島)

 第4日は準決勝2試合が行われ、浦和学院は帝京(東京)を3-1で破り、6年ぶりに決勝に進んだ。富士学苑(山梨)を延長10回の末、9-7で下した常総学院(茨城)との対戦が決まった。

 浦和学院は1回2死1、3塁から久保の適時打で先制。6、8回にも敵失から得点を重ねた。中島、羽倉、萩原の3投手の継投で帝京打線を4安打1失点に抑えた。

 決勝は20日、上毛敷島で10時から行われる。

【戦評】

 11残塁と拙攻の印象はぬぐえないものの、浦和学院が帝京に競り勝った。中島-羽倉-萩原の3投手の継投で1失点にとどめた。

 浦和学院は1-0の6回2死1、2塁で、山崎の左への飛球が敵失を誘って決勝点を奪った。7回に1点を許したが、8回に2死2塁から石田の中堅への打球がエラーを誘い、貴重な追加点を奪った。

▼勝利決めた継投策

 イニング途中での継投にチームの勝利への執念を感じた。春で初のパターンに、「いつもと違う、そういうこともあるぞというところを出した」と浦和学院の森監督。試合巧者を見せつけ、関東の頂点に王手を掛けた。

 県での7試合と関東での2試合、いずれも先頭打者からの継投だった。だが、5回2死2塁の場面だった。帝京の3番星を前に、制球に苦しみながらも無失点でしのいでいた先発中島を下げた。そして、エース羽倉をマウンドに送った。

「勝つためにはどうすればいいか。捕手と決めた」と森監督。2度の練習試合と、準々決勝の戦いぶりで星を警戒していた捕手の久保は「怖い存在。抑えた前の2打席で狙い球は知られている。どうしても勝ちたい」と思案した。直球が変化し、より打ちづらい羽倉の投入を決断。羽倉は三振で切り抜け期待に応えた。

 勝ち進むごとに増す勝負へのこだわり。県外の強豪との戦いで培われた自信。それを、決勝ではどんな形で見せてくれるのか。ナイン誰しもが口にする「一戦必勝」。いよいよ、その言葉が大きな意味を持つ時が来た。

(埼玉新聞)

▼激しさ増す競争・力磨いた投手陣

 9回表2死1塁。都大会で5試合をコールド勝ちした帝京が、重圧をかける。浦和学院の内野陣が、マウンド付近に集まった。

 「2点差ある。打者に集中しよう」。8回から救援していた萩原大貴君(2年)は、捕手の久保翔平君(2年)から声をかけられた。

 これで、気持ちが落ち着いた。最後の打者を二ゴロに打ち取り、笑顔で整列に加わった。萩原君は「あの間合いが大きかった」と振り返る。

 初回に先制したものの、その後はなかなか追加点を奪えない。6回と8回、相手の失策でやっとリードを広げた。森士監督は試合後、「不思議な勝ち」と苦笑いしたが、強打の帝京を1点に抑えた3人の左腕には、手応えを得た様子だった。

 先発の中島葵君(3年)が5回途中まで無失点の好投。2番手の羽倉優太朗君(3年)は1点を失ったが、萩原君が最後の2イニングを無失点で締めた。

 エースの背番号「1」は、羽倉君が背負っている。昨秋は萩原君だった。中島君は今大会、計9回2/3を投げて1失点に抑え、評価を上げた。

 競争は激しさを増しているが、「みんなマウンドに上がる喜びを感じ、不安なく試合に臨めている」(森監督)。磨きをかけた投手力で、6年ぶりの優勝を狙う。

(朝日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ