試合速報はこちら

浦和学院の池山Jr 登板に意欲「結果残したい」

 埼玉・浦和学院はヤクルトの池山隆寛2軍打撃コーチの長男・颯人が、背番号11をつけて初めて甲子園の土を踏んだ。

 今センバツはメンバー外だったため、今夏が初めてベンチ入りメンバーとして臨む甲子園。「やっとスタートラインに立てた。結果を残してチームに貢献したい」と気合十分だ。父からは「背番号を付けられたんだから思い切ってやってこい」と電話で激励され「マウンドに立ちたいです」と意気込んでいた。

(スポニチ)

◇浦和学院、大阪桐蔭へリベンジだ

 浦和学院のエース・佐藤が大阪桐蔭へのリベンジを誓った。救援したセンバツ準々決勝では九回に逆転負け。「もう2度とああいう思いはしたくない」と、悔しさを胸に黙々と走り込んできた。この日はマウンドから投球練習を行い、感触を確認。「チャンスがあるなら、やってきたことを信じて思い切り戦いたい」と、再戦を望んでいた。

(デイリースポーツ)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。