野球審判講習会:浦学野球部員が協力 さいたま

 さいたま市野球連盟連合会(程塚孝作会長)の春季審判技術講習会が9日、市営浦和球場で開かれ、約50人が参加した。

 地域のアマチュア野球を裏方で支える審判は近年、高齢化が進み、新たな人材の育成が課題になっている。今年は少年野球の審判も10人以上参加し、浦和学院高校の野球部がバッテリーや打者、ランナー役で協力。「ヒーイズアウト」など独特のコールが球場にこだまし、球春の到来を告げていた。

(毎日新聞埼玉版)



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ