試合速報はこちら

浦和学院、我慢比べで地力 ミス逃さぬしたたかさ 秋季高校野球県大会

201410030800
【写真】9回表浦和学院2死三塁、高橋が適時二塁打を放つ

 (2日・県営大宮ほか)

 第5日は準々決勝4試合を行い、春日部東が夏の甲子園出場の第4シード春日部共栄を8-4で破り、初のベスト4進出を果たした。このほか川越東、花咲徳栄、浦和学院が4強に名乗りを上げた。

 春日部東は一回に阿葉家の左前適時打などで2点を先制すると、1点リードで迎えた八回に広瀬の中越え適時打、九回も阿葉家、森合の連続適時打で突き放した。投げては完投した右腕木下が自責点1と粘りの投球を披露。春日部共栄はエース高野が精彩を欠き、守備でのミスも響いた。

 川越東・高橋と市川越・登坂の好投手対決は川越東打線が19安打と爆発。登坂を三回途中でマウンドから引きずり下ろし、市川越に14-0と五回コールド勝ちした。浦和学院は一回に幸喜の左前適時打で先制すると、朝霞の失策で得点を重ねて6-3で逃げ切り勝ち。花咲徳栄は二回に米沢、太田の連続適時打などで4点を先行し、計13安打10得点で昌平に大勝した。

 休養日を挟み、準決勝は4日、県営大宮球場で川越東-春日部東(10時)花咲徳栄-浦和学院(12時30分)のカードで行われ、勝者が選抜大会への最終関門となる関東大会(25~29日・千葉)に出場する。

◇浦和学院、我慢比べで地力 ミス逃さぬしたたかさ

 したたかな試合運びで粘る相手を振り切った浦和学院。我慢比べのような競り合いを制した森監督は「秋は競ったところがポイント。うちもミスはあったが、相手のエラー二つが大きかった」と大きく息をついた。

 2-1の六回、2死二塁から臺の遊ゴロが敵失を誘って1点を加え、続く津田が教科書通りの中前適時打。八回にも臺の遊ゴロが敵失を呼び、貴重な追加点を生んだ。

 先制適時打を含む3安打の幸喜は「初回のチャンスで打つことができてよかった」と打線のつながりに手応えをにじませる。

 準決勝の相手は幾度となく頂点を争ってきたライバル花咲徳栄。指揮官は「どちらも相手のやりたいことはわかる。ウラガクのスタイルを出せるかどうか」と出方に関わらず、自分たちの野球を貫く姿勢を強調した。

◇守備乱れ無念の敗退 朝霞

 3失策3暴投とミスが失点につながった朝霞は無念の敗退。宮川監督は「チャンスはあった。どうにか勝ちたかった」と渋い表情。五回まで1-2と得意の接戦に持ち込んでいただけに、相手に塩を送った終盤の攻防がもどかしかった。

 三回から登板し、自責点0と粘りを見せた池田は「後半に追い上げムードのところでミスが出たのが大きかった」とナインの思いを代弁。夏からマスクをかぶる捕手中野は「細かい部分ができていない。守備力がまだまだ」と向上を誓った。

(埼玉新聞)

 試合結果
 県大会準々決勝 10月2日(県営大宮球場)
TEAM123456789HE
浦和学院1100020116101
朝霞010000200373
【浦】江口-西野【朝】田頭、池田、柴崎-中野
▽三塁打:高橋(浦)木村(朝)▽二塁打:山崎、諏訪、高橋(浦)池田(朝)
 浦和学院打撃成績
位置選手名打数安打打点
諏訪410
500
津田411
山崎520
幸喜431
西野510
高橋521
荒木201
江口200
36104
 朝霞打撃成績
位置選手名打数安打打点
水出410
矢武410
⑨1柴崎300
⑤19池田310
中野410
佐藤200
3木村211
①45田頭200
H吉田100
保坂322
4福岡000
④56名取200
3073
 投手成績
TEAM選手名被安打奪三振四死球失点自責点
朝霞田頭230122
池田3 2/340320
柴崎3 1/330021
浦和学院江口974333
TEAM三振四死球犠打盗塁失策併殺残塁
浦和学院04411211
朝霞4310304

 地力に勝る浦和学院が、要所で自滅した朝霞を振り切った。

 浦和学院は2-1で迎えた六回、2死二塁から敵失で1点を加えると、なおも2死二塁で津田が中前適時打。八、九回にも相手のミスに乗じて得点を重ねた。先発のエース江口は3失点完投と粘りの投球を見せた。

 朝霞は3失策と守備が乱れ、2併殺の攻撃もリズムが生まれなかった。

 フォトギャラリー

201410030802 201410030803 201410030805 201410030806
201410030807 201410030808 201410030809 201410030810

(浦和学院高校公式ホームページ)

コメントを残す

error: Content is protected !!