試合速報はこちら

記録から見た選抜出場校(上)守備力高い浦和学院

 第87回選抜高校野球大会(3月21日から12日間・甲子園)に出場する32校が23日に決まった。昨秋の公式戦での成績を基に、チーム別、選手別の戦力を探った。

◇総合力高い大阪桐蔭

 夏春連覇を狙う大阪桐蔭はバランスの良さが際立つ。昨夏の優勝メンバーが中軸を担う打線は9試合中7試合で2桁得点をマークし、打率3割9分9厘と1試合平均9・1得点はともに出場校中2位にいる。守ってもわずか1失策と鉄壁で、平均失点は1・3でトップに立つ。

◇長打力は静岡

 東海王者の静岡は11試合で12本塁打と、長打力は群を抜く。打率4割1分9厘、1試合平均得点9・9は出場校中1位で、35盗塁を記録したように機動力も備える。打率3割8分2厘の神村学園(鹿児島)も9試合で7本塁打を打っており、長打力では引けを取らない。本塁打0の糸満(沖縄)は、10試合で50犠打を記録した手堅い攻めを持ち味にする。

 木更津総合(千葉)と近江(滋賀)は、1試合平均失策が0・3個と堅固な守りを誇る。

◇14戦13勝の浦和学院

 埼玉県大会、関東大会優勝、明治神宮大会準優勝の浦和学院は14戦で13勝と、明治神宮大会優勝の仙台育英(宮城)の最多15勝に次ぐ勝利数を挙げた。1試合平均1・7失点は全国トップクラスの少なさ。失策8も1試合平均0・57個と守備力の高さが目立つ。

 出場校試合得点失点打率HR犠打飛盗塁失策
東海大四10916.23.0.330431616
 八戸学院光星7615.42.1.271416411
仙台育英161517.61.7.3375282916
 大曲工141216.13.7.2903291218
 常総学院8714.81.9.304121244
 健大高崎9816.33.4.345114248
浦和学院141316.11.7.316333108
 木更津総合121114.81.8.282234274
東海大菅生10916.11.8.2945221212
 二松学舎大付8716.41.5.339329167
 県岐阜商151235.31.5.3145492917
静岡111019.93.0.41912203512
敦賀気比11926.63.0.3654311812
 松商学園121026.13.0.3380223216
 近江7615.41.9.31011792
 立命館宇治11926.63.3.335143716
 龍谷大平安8715.42.3.3002151612
 大阪桐蔭9819.11.3.3997661
天理111016.52.3.329725167
 奈良大付8624.91.9.29322098
 米子北8626.34.1.3142121310
 岡山理大付111015.71.7.2943181513
宇部鴻城10917.02.1.3302271213
英明10917.42.2.35253557
 今治西8715.62.4.300132810
 九産大九州111015.92.3.3200381613
九州学院121117.03.0.341836214
 神村学園9817.32.1.3827291212
 糸満10826.12.2.343050257
 豊橋工131033.82.4.2512283221
 桐蔭5324.63.4.32501228
 松山東7524.33.4.269022813

※◎は昨秋の地区大会優勝校、得点、失点は1試合平均、大曲工の試合数は引き分け1試合、岡山理大付の試合数は不戦勝の1試合を含む。

(埼玉新聞)

guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
error: Content is protected !!
0
コメントしてみるx