試合速報はこちら

浦学、2年ぶりV視野 春季関東高校野球あすから山梨で開幕

 高校野球の春季関東大会は16日、山梨で1都7県から19校が参加して開幕する。埼玉からは選抜大会4強で、県大会優勝の浦和学院が3年連続16度目、同準優勝の川越東が初、同3位の聖望学園が2年連続6度目の出場。浦和学院は沼南(千葉2位)-帝京三(山梨3位)の勝者と17日の2回戦で対戦する。川越東は相模原(神奈川2位)と16日の2回戦で激突。聖望学園は作新学院(栃木1位)と1回戦を争う。

◇浦和学院「隙ない好調強力打線」

 選抜大会4強の浦和学院は2年ぶり5度目の栄冠と、昨秋に続く関東大会制覇を狙う。短い調整期間の中で迎えた県大会では貫録の戦いぶりでライバルたちを圧倒した。

 全国区の強力打線はチーム打率3割7分2厘と好調。諏訪、臺、津田、山崎滉と固定されている1~4番は期待を裏切らない。パンチ力のある高橋、広角に打てる荒木、勝負強さが光る西野と下位まで隙がなく、どこからでも得点が狙える。代打起用が続く山本ら新戦力の台頭にも期待だ。

 県大会では投手陣の底上げを図るため、直球とスライダーが武器の左腕小倉、2年生右腕榊原が主戦を務めた。選抜大会全4試合を投げ抜いたエース左腕江口の出番はなかったものの、関東では背番号1の登板機会も訪れそう。5試合で2失策の守備は危なげない。

◇ステップアップに 森士監督

 夏を前に公式戦のチャンスを頂いた。夏に向けてチームが活性化していく形をつくり、ステップアップにしたい。

◇しっかり準備したい 津田翔希主将

 プレッシャーのかかる最後の公式戦。後のない試合だと思って戦う。誰が投げても勝てるようにしっかりと準備して臨みたい。

【打撃成績】
背 氏名学年打率打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策残塁
江口3
西野3.42914765040004
山崎滉3.36819376212005
3.579194117122108
諏訪2.40015564053014
津田3.31619465131015
幸喜2.2229222011000
荒木3.41217773141104
高橋3.43816875041004
小倉3.1119211113002
榊原2.0002101011000
梶山2
山本1.3333010000001
山崎裕3
桑原魁2
杉山1
桑原樹2
田村3.0003000000000
.372145435439626152237
▽本塁打:高橋
▽三塁打:臺、津田、高橋
▽二塁打:西野2、山崎滉2、臺2、諏訪、荒木、高橋2
【投手成績】
投手防御率
小倉1.3327回1031624854
榊原0.8710回1/341117211

※データは県大会5試合分

(埼玉新聞)

guest

0 件のコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
error: Content is protected !!
0
コメントしてみるx