センバツ4強・浦和学院 白岡に敗れる

 今春センバツ4強の浦和学院が、公立校の白岡に敗れ、2季連続の甲子園出場を逃した。

 初回に1点を先制され、その裏にすぐ同点としたが、二回には勝ち越しを許す。先発したエース左腕・江口奨理投手(3年)の力投で投手戦となったが、七回に追加点を奪われると、九回にも1点を許して突き放された。強力打線は、白岡の谷中壮樹投手(3年)の前に1点しか奪えなかった。

 白岡は昨秋、今春ともにブロック予選の初戦で敗退。今大会の初戦が、新チームの公式戦初勝利だった。3回戦で今春県4強の東京成徳大深谷、準々決勝で2度の甲子園出場経験がある埼玉栄を撃破。ダークホースの勢いが、王者も飲み込んだ。

(デイリースポーツ)

◇関東大会王者・浦学敗れる 白岡・谷中を打ち崩せず

 今春のセンバツ4強で、関東大会王者の浦和学院が、準決勝で県立校の白岡に敗れた。

 先発した左腕・江口奨理(しょうり)が1―1の2回に勝ち越され、7回、9回にも失点。一方、打線は白岡の右腕・谷中壮樹(まさき)を攻めきれず、6安打で1点に封じられた。森士監督(51)は「ロースコアの展開は予想していたが、(相手投手の)ストライクを取る変化球が打てなかった。真っすぐも打ち切れなかった」と話した。

(スポーツ報知)

◇選抜4強の浦和学院、ノーシードに敗れる
二回表白岡2死二塁、鳥海は中前に勝ち越しの適時打を放つ。投手江口

二回表白岡2死二塁、鳥海は中前に勝ち越しの適時打を放つ。投手江口

 今春の選抜4強の浦和学院が埼玉大会準決勝で白岡に敗れた。左腕江口が序盤に乱れ、一、二回に3四死球と単打で2点を失う。準々決勝まで打率4割超の打線も大振りが目立ち、中盤に多くあった得点機を生かせなかった。森監督は「夏はどの学校も力の差はなくなる」と警戒していたが、2年連続でノーシードの公立校に足をすくわれる形に。「個人個人の戦いで負けた」と振り返った。

(朝日新聞)

 



拍手する

関連記事

コメントをお待ちしております

応援ツイートは #uragaku

もっと読み込む...

 

アーカイブ