記事の詳細



 3年連続で秋季県大会を制している浦和学院が初戦を6回コールド勝ちで快勝し、3回戦へ駒を進めた。

 先発の左腕・佐野涼弥(2年)が5回1安打8奪三振、無失点と好投を見せた。「調子が良かった」とニッコリ。得意のスライダーを武器に、5回を毎回奪三振で、打者を次々と斬った。打撃でも、3打数2安打1打点の活躍でチームを勢いに乗せた。

 日本ハム・今成スカウトは「(ピッチングに関して)ボールが強い。スライダーに自信を持ったピッチングをしている。(打撃に関して)力の入れ加減がものすごく良い。これからが楽しみだ」と褒めちぎった。

 森士(おさむ)監督(53)は「積極的にバットが振れた。佐野は先発、リリーフどこからでもいけるようにさせたい。今日は出来過ぎでした」と笑顔だった。

(スポーツ報知)

拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る