記事の詳細



 (23日・県営大宮ほか)

 第2日は4球場で2回戦10試合を行い、県勢初となる夏の全国優勝を果たしたAシード花咲徳栄は滑川総合に5-4と九回サヨナラ勝ちを収めた。4失策と守備が乱れ、四回に3-4とリードされたが、七回に同点とすると、九回2死二、三塁で田谷野が中前へ決勝打を放った。

 Bシード春日部共栄は狭山ケ丘に2-1と競り勝った。Aシード浦和学院は大宮東に10-0で六回コールド勝ち。Bシード埼玉栄は所沢商に6-1とし、3回戦に進出した。

 昌平は星野を3-2で下し、鷲宮は坂戸西に3-2と競り勝った。市浦和は越ケ谷に7-1で快勝。西武台は正智深谷に6-0で完封勝ちを収めた。早大本庄は9-0、春日部東は細田学園に14-2と大勝した。

浦和学院、投打がっちり「吹っ切れる」

 投打ががっちりかみ合った浦和学院が六回コールドで大宮東を退けた。10安打10得点の快勝に森監督は「中軸打線のつながりがいまいちだったがこれで吹っ切れる。今日は出来過ぎです」と控えめに喜んだ。

 左腕佐野を先発に起用。力強い直球をコーナーに投げ分け、5回を8奪三振。2番手渡邉も六回を三者凡退と、けがからの復帰登板を飾った。主将の蛭間は「投打のバランスは良くなってきている。次も負けたら終わりの覚悟で戦っていきたい」と力を込めた。

(埼玉新聞)

 試合結果
 2回戦 9月23日(県営大宮球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
大宮東 0 0 0 0 0 0       0 1 2
浦和学院 1 0 0 0 8 1x       10 10 0
【浦】 佐野、渡邉ー冨岡
【大】 島村、大川、相馬-山本
中前(浦)
中前、高原2(浦)
 浦学スタメン
打順 位置 氏名 学年
1 中前 1年
2 矢野 2年
3 蛭間 2年
4 上野 2年
5 佐野 2年
6 冨岡 2年
7 小町 2年
8 高原 1年
9 後藤 1年
拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る