試合速報はこちら

浦学、報徳学園にサヨナラ勝ちで1位 中前が決勝打 福井国体

9回裏浦和学院1死三塁、中前祐也はサヨナラ中越え適時打を放ちガッツポーズ

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」の特別競技・硬式高校野球は2日、福井市の福井県営球場で行われ、夏の甲子園準優勝の金足農(秋田)と浦和学院(埼玉)が準々決勝を勝った。台風24号の影響による日程変更で準決勝と決勝が中止されたため、準々決勝の勝者4校が1位扱いされる。

 金足農はエース吉田の好投などで常葉大菊川(静岡)に7-0で七回コールド勝ち。浦和学院は報徳学園(兵庫)を4-3で下した。日大三(東京)と近江(滋賀)は準々決勝に進んだ。

 浦和学院が報徳学園(兵庫)にサヨナラ勝ちした。3-3の9回1死三塁で、中前祐也遊撃手(2年)が中堅右へサヨナラ打を放った。

 今秋ドラフト1位候補で報徳学園の小園海斗遊撃手(3年)は3回に一時同点となる適時二塁打を放ったが、高校のラストゲームを勝利で飾れなかった。

 同じドラフト候補の浦和学院・渡邉勇太朗投手(3年)は8回から登板し、2回を無失点に抑えた。

渡邉勇太朗、既に記載のプロ志望届提出へ

 最速149キロ右腕の浦和学院・渡邉勇太朗投手(3年)が「もう書いてあるので」とプロ志望届提出を明言した。

 この日は8回から登板。2回1安打無失点に抑え勝利に貢献した。

 「まだ自分としては40%ぐらいしか力を出せていない。直球も変化球も全ての面でレベルを上げていかないといけない」とプロの世界へ意気込んだ。

 台風の影響で準決勝以降が行われないため、4校1位のうちの1校となった。

(日刊スポーツ)

渡邉2回零封 プロ志望明言「大谷選手のような投手に」

 浦和学院(埼玉)のドラフト上位候補・渡辺が3-3の8回から救援。2回を1安打零封し、9回サヨナラ勝利を呼んだ。高校最後の試合を終え「制球が悪かったけど、楽しもうと思い切り投げた結果なので良かった」。

 プロ志望届を提出することを明言し、「小園と(打席が回らず)対戦できなかったので、プロでねじ伏せたい。(憧れるエンゼルスの)大谷選手のような日本を代表する投手になりたい」と語った。

(スポニチ)

浦和学院・渡邉、プロ志望届「出します」

 浦和学院が報徳学園(兵庫)に4-3でサヨナラ勝ち。八回から3番手で登板した渡邉(3年)が2回無失点、2奪三振で勝利を呼び込んだ。

 「(提出日は)わからないけど出します」と、既に記入済みというプロ志望届を近く提出する大型右腕。中日・中田アマスカウトディレクターは「大谷(エンゼルス)のようなピッチャーになれる素材」と評価した。

(サンスポ)

関連写真

   

ハイライト動画




試合結果

 2回戦 10月2日(福井県営)
TEAM123456789HE
報徳学園001200000361
浦和学院100100101x472
【浦】近野、河北、渡邉-福島、畑
【報】渡邊、林、木村-堀尾
矢野(浦)
堀尾(報)小町(浦)
小園(報)河北、畑(浦)
 浦和学院打撃成績
位置選手名打数安打打点
中前521
矢野312
蛭間400
上野200
佐野300
後藤300
H坪井100
4阿部000
小町421
福島100
H2310
近野100
1河北210
1渡邉000
3274
 報徳学園打撃成績
位置選手名打数安打打点
小園411
村田400
長尾400
神頭320
糸井300
堀尾410
羽渕400
渡邊220
1100
1木村100
稲葉300
3361
 投手成績
TEAM選手名被安打奪三振四死球失点自責点
浦和学院近野3 2/353233
河北3 1/303000
渡邉212000
報徳学園渡邊533322
221011
木村1 1/321111
TEAM三振四死球犠打盗塁失策併殺残塁
浦和学院5410208
報徳学園8210116

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。