記事の詳細



 (12日・県営大宮ほか)

 西部、南部、北部の3地区で代表決定戦14試合を行い、南部の市浦和が大宮を12-1と五回コールドで退け、11年ぶりの県大会に駒を進めた。4連覇を目指す浦和学院は大宮開成に12-2と五回コールドで大勝した。

 埼玉栄は和光を11-0で下した。西武台は蕨に4-2で競り勝ち、北部の秀明英光は北本に5-0と完封勝ちした。

 東部の全5試合は降雨で順延となり、今後の試合日程が一部変更された。

監督通算500勝 硬さに苦笑い

 浦和学院は大宮開成を五回コールドで退け、森監督の公式戦通算500勝目を飾った。

 だが、試合は一回にミスが絡み先制される重苦しい雰囲気。逆転で勝利は収めたが、試合中には指揮官の雷が何度も落ちた。森監督は「動き、判断に硬さがあった。緊張があったのかな」と苦笑いした。

 県大会は4連覇の重圧とも戦うことになる。主将の蛭間は「スタンドもベンチも一体となって森先生を日本一の男にしたい」と目の前の勝利にこだわっていく。

(埼玉新聞)

 試合結果
 南部D組代表決定戦 9月12日(県営大宮球場)
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
大宮開成 2 0 0 0 0         2 5 5
浦和学院 3 1 1 3 4x         12 11 1
【浦】 近野ー冨岡
【大】 川口-櫻井
矢野、蛭間(浦)
後藤、中前(浦)
 浦学スタメン
打順 位置 氏名 学年
1 中前 1年
2 矢野 2年
3 蛭間 2年
4 上野 2年
5 佐野 2年
6 小町 2年
7 冨岡 2年
8 近野 2年
9 後藤 1年
拍手する


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

応援ツイートは #uragaku

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る